1、犬がガンになったときの食事

1−1、愛犬のガンには質の良い食事が大切!

愛犬が体調を崩してしまったり病気になってしまったりすると、どうしても心がざわついてしまいますよね。犬は言葉を喋りませんし、健気にも無理をしようとしてしまいます。飼い主さんにとって、とても心が痛むことではないでしょうか。
そんな犬の死因の第一位としてあげられるのが、「ガン」です。ガンになってしまう要因には様々なことが考えられますが、その原因のひとつとして「質の悪い食事による免疫力の低下」が考えられます。もしも愛犬がガンだと診断された場合、一番最初に飼い主がやらなければならないことは食事面の改善です。犬にとって必要な栄養素に加え、ガンになった場合に積極的に摂取すべきものを出来るだけ与えるように工夫していきましょう。

ガンになってしまった犬の食事として取り入れて欲しいのが、不飽和脂肪酸、たんぱく質とアミノ酸、ごく少量のオート麦や玄米、大麦などです。もしも手作りするのなら、オメガ3脂肪酸(魚に含まれるDHA,EPA)や大豆製品、きのこ類などががんの発生率を下げたり、免疫力をアップしてくれますので取り入れてみるのもいいかもしれません。
また、炭水化物はがん細胞に「エネルギー」として利用されてしまいますので、出来るだけ炭水化物は控え、がん細胞がうまく利用することが出来ない「脂肪」を多く含む食事で犬のエネルギー源を確保するようにすると良いでしょう。

市販のものでも、サプリメントやガン専用のドッグフードがありますので、そちらを上手に活用するのもおすすめです。そして、もしも余命わずかとされたならば、人間と同じように色々なことを制限せずに好きなものを食べさせたり、飲み込みやすいものを与えてあげましょう。最期まで犬が幸せに飼い主と同じ時間を過ごせるよう、最適な選択をしてあげることが最も大切なことなのではないでしょうか。

1−2、まとめ・・・

もしも愛犬がガンになってしまったら、飼い主は何をしてあげればよいのでしょうか。ガンになってしまう原因のひとつに、「質の悪い食事による免疫力の低下」が挙げられます。犬がガンだと診断されたら、まず食事面の見直しと改善を行いましょう。特にガンの犬に必要だとされる栄養素は、不飽和脂肪酸、たんぱく質とアミノ酸、ごく少量のオート麦や玄米、大麦などだとされています。また、大豆製品、きのこ類、魚に含まれるDHA、EPAなどはガンの発生率を下げたり免疫力を引き上げてくれるのでおすすめです。
ちなみに、炭水化物はガンのエネルギー源となってしまうものですから、出来るだけ控えるようにしましょう。炭水化物の変わりに「脂肪」を多く含む食事が犬のエネルギー源となってくれるので確保してあげてください。
市販のサプリメントやガン専用ドッグフードを活用することもおすすめですが、もしも愛犬が余命残りわずかだといわれたならば、そうした色々な制限を取り払って、犬が好きなものや飲み込みやすいものを与え、出来るだけ最後まで幸せに過ごせるようにしてあげててください。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。