neru3

1.去勢はストレスの連続なんです。

1-1.去勢手術ってどれくらい負担がかかるの?

去勢手術は、手術の時間ではとても短くて、15分~30分と時間ではとても短いです。
手術したらすぐに連れて帰れるわけではありませんが、最近では午前中に手術をして、午後にはお家に帰るという病院もあります。ですが、全身麻酔をかけて手術をするので、麻酔での体調異変、術後の予後観察を含め、約1日動物病院へ預け様子を見るのがスタンダードです。。術後の経過に問題がなければ翌日お家に帰ることができます。
麻酔が切れると、ぼんやりした感じがなくなるのですぐに分かります。ですが、連れて帰ってきた当日や翌日はできるだけ安静にさせてあげて下さい。

1-2.食欲がなくなる場合は?

これは、手術当日に帰れる病院のパターンで多く発生する事例です。先ほどもお話ししましたが、全身麻酔で手術をしているので、家に帰ってきた時にはまだ麻酔が効いている時間でもあります。そこでご飯をあげると、麻酔の影響でご飯を吐いてしまことがあります。このことをしっかり理解しておくようにしましょう。
麻酔の事を本来であれば病院で説明を受けるはずですが、はしょってしまう病院もあります。この場合、飼い主さんが「去勢手術したらご飯を食べなくなった」と勘違いしやすいので、ここで説明しておきますね。

1-3.これには注意しましょう

手術の翌日にお家に帰ってきた犬に多いケースですが、手術をしているのにも関わらず、いつもと同じように走り回ったり、散歩に行きたがったりしますが、抜糸が終わるまでは、激しい遊びは控えるようにしたほうが良いです。散歩は家の周りをぐるぐる回るだけの簡単な気晴らしになるような物にしましょう。もちろんシャンプーやお風呂も入ってはいけません。
あと、手術の傷をなめてしまうことを防ぐためにエリザベスカラーをつける場合がありますが、外れないように気をつけましょう。

1-4.手術後、しばらくしたら食欲がない!

ごくまれにある症状です。これは、ストレスが大きく影響しています。エリザベスカラーを巻いて、やっと自由になれると思ったら抜糸・・・犬にとってはストレスの連続です。抜糸が終われば病院に行くこともありませんので、その状況を犬が読み取って、一気に疲れが出てしまうことが原因で食欲が一気に落ちることがあります。
その時は、飼い主さんが過度に心配することは避けましょう。その心配を読み取ってさらに体長が悪化してしまいます。どうしても心配な時は、フードを工夫しましょう。消化の良い食物繊維を使っていない物をあげるようにするだけで状況は大きく変わってきます。食物繊維の入っていないフードは少し高めですが、犬の体調の為に頑張ってみましょう。

1-5.まとめ

去勢手術は犬にとって緊張の連続でストレスがかかります。飼い主さんの所に帰ってきた時にリラックス出来るように、飼い主さんがどーんと構えていられるようにしましょう。

【関連記事】

去勢犬のドッグフード選びで大切なことは?カロリーに注目すべき?

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。