1、無添加はあくまでも添加物が入っていないもの

1-1.添加物とは?

そもそも添加物というのを知らない人がいるのですが、簡単に言ってしまえば食品の状態を良くするための物です。食品の保存を簡単にしたり、美味しく見せたりするのがこれの役割です。それ故に完全に悪いもではないです。しかし、添加物を摂取し過ぎると身体に有害なことが発生する可能性が出てくるので注意が必要です。

1-2.無添加のドッグフードはどんなもの?

無添加のドッグフードとはどんなものと思うでしょう。簡潔にいると添加物の入っていないドッグフードなのですが、添加物が入っていないことで犬の身体への負担の問題を軽減することが出来ます。ただし、無添加だからなんでも良いというわけではないので注意しましょう。無添加でも注意すべきところはありますし、犬の好みなどが異なりますので確認するようにしてください。
無添加のドッグフードは様々あります。有名なドッグフードもあれば、少しメジャーなドッグフードもありますので、どのようなドッグフードを求めたほうが良いのかを考えて選ぶようにしてください。国内、国外のドッグフードもありますので、どのような無添加のドッグフードがあるかを確認してどれが自分の犬に合っているかを確認しましょう。

1-3.無添加のドッグフードは安全なのか?

無添加ということで、添加物が入っていないので確かに添加物が多く入っているよりも安全ではありますが、実際のところ無添加だから完全に安全というわけではないので間違えないようにしましょう。
基本的に添加物が入っていないから完全に安全だと思っている人が多いのですが、実際のところ無添加でも良くないドッグフードは良くないです。特に犬の状態によって合わないなどのことがありますので、しっかりと確認する必要があるでしょう。特にアレルギー、病気を持っている犬は無添加だからと言っても問題がないかというとそうではないです。
それと、無添加でも良くない原材料や合成添加物などによっては危険な場合もありますので注意しましょう。特に原材料によっては犬にとっては良くない原材料を使っていることがありますので、それを避けるためにもしっかりと原材料のところを確認するようにしてください。確認しても何も考えていないドッグフードは、あまり良くない場合がありますのでよく考えて選択をするようにしてください。

 

これはあまり考えなくても良いのかもしれませんが、すごく極稀に無添加ではないのに無添加ということがあります。と言っても、このような状態ですと正直なところ素人では判断をすることが出来ません。大体、このようなことが発生するのはあまり有名ではないところ新しく作られた会社などがありますので、そのような会社は少し注意して購入するようにしてください。場合によっては本当に良くないドッグフードを提供されることがありますので注意しましょう。ですが、あまり多いわけではないし、信頼できるところで購入すれば問題無いでしょう。

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。