1、老犬の状態を確認して食べ物を与える

今までドッグフードをしっかりと食べていた犬でも老犬になれば食べなくなることがあります。老犬になれば、身体の機能が著しく悪くなります。また、動かなくなれば消費カロリーもかなり抑えられてしまうでしょう。それ故に、食事はだんだん食べなくなります。

1-1、老犬がドッグフードを食べないのはなぜ?

老犬でドッグフードを食べなくなるのは食べるのが辛いから、食べたくないからというのが結構あります。病気でそうなっている場合もありますので、極端に食べない場合は一度獣医に相談をするのも良いかもしれません。しかし、今まで通りに食べることが出来るわけではないので老犬用のドッグフードに変更をしてみると良いかもしれません。
主に高カロリーのものとなると消化が大変ですので、食べなくなることがあります。他にも、硬いもの食べるのも大変になって食べなくなることもありますので、できれば柔らかいものを与えるのが良いかもしれません。それも、犬の状態を確認して与えるようにしてください。

1-2、ささみなどは食べるという場合

老犬で結構あるのがささみなど肉類を食べることです。犬は肉食動物ですのでそれはある意味で本能的なものです。それでも食べないよりは食べさせた方が良いかもしれません。ただし、ささみなど場合によってはあまり与えない方が良い場合があります。ささみの場合は病気や癌の元になるとされていますので注意です。他のもので問題ないなら安全で健康的なものを与えるようにしてください。
それとドッグフードなどが美味しくないからそちらを食べるという場合もあります。美味しいささみだから食べたいと思ってドッグフードを食べないということがあるでしょう。ですから、よく考えて与えるようにしてください。ちなみに、ささみを主食として与えることはおすすめしません。

1-3、老犬の病気かを判断する方法

老犬がドッグフードを食べなくなったから病気かを気にする人が結構多いことでしょう。その場合の判断としては、このようなものがあります。
排泄物を見てみることをしてください。柔らかい排泄部や水になっているなどの場合消化系などに問題があることがあります。また、色などによっても様々ありますので確認するようにしてください。
他には触ってみて何か知らの反応を出すや明らかに具合が悪そう、毛並みが悪くなっているなどの方法で判断をすることができるので、ドッグフードを食べなくなった場合は確認するようにしましょう。早期発見でないと悪くなる場合もありますので、しっかりと確認するようにしてください。

1-4、まとめ。

老犬になると少しずつ食べなくなります。それは人間もそうで、完全に食べなくなると覚悟をしておいた方が良いです。一時的であるなら良いのですが、長く食べなくなると栄養を獲得できずに危険な状態になりますので、そのような状態になる前に的確な方法をして対策をするようにしてください。そして、元気な愛犬を見守っていくようにしましょう。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。