1、犬がご飯を食べないときは

1-1、犬には良質なドッグフードを与えよう

愛犬の食事について、どんなドッグフードを与えるべきなのか、その品質やメーカーにこだわる飼い主が増えています。犬は私たちが思っている以上に繊細な生き物ですから、ちょっとしたことでご飯を食べない状態になってしまったり、下痢や便秘などに陥ってしまいがち。特に食事の面では直接愛犬の健康に関わる大きなポイントとなりますから、出来るだけ良質で安全、安心なものを与えるように心がけてほしいところです。

では、実際にどんな面に注意しながらドッグフードを選べばよいのでしょうか。ドッグフードメーカーは、国産、海外産と実に多くの種類が存在しています。これらの中で注目すべきポイントは、何よりも「原材料」の部分でしょう。ここの記載が不明瞭だったり曖昧な部分が見られるものは避けるようにし、また、出来るだけ「穀物」が含まれていないものを選ぶことをおすすめします。
どうして穀物が含まれているとだめなのか。それは、犬の体の構造の問題にあります。犬はオオカミを祖先に持つ肉食の生き物であり、本来穀物を必要としません。その為、うまく穀物を消化することが出来ないのです。穀物を体内に取り込み続けることで犬の体には負担がかかりますし、アレルギーや涙やけ、その他の様々な疾患のリスクを高めることにもなってしまうのです。
こうしたことから、出来るだけ穀物が含まれていないものを選択することが望ましいといわれているのです。

なにより大事なポイントは、「その子に合った食事を与える」ということ。いくら一般的にこれがよい、あれがだめだと言われていたとしても、最終的には「個に適した選択をする」ということが重要なのかもしれません。その為に、日ごろから愛犬とのスキンシップを大事にし、その子のことを誰よりも理解していてあげるということが何よりも大切なのです。

1-2、まとめ・・・

犬はちょっとしたことでご飯を食べなくなったり、下痢や便秘といった不調を起こしてしまうものです。こうしたトラブルを防ぐために大切なことのひとつが「良質な食事を与えること」だと言われています。
巷には国産、海外産など、実に様々なドッグフードが存在していますが、これらの中からどんなものを選べばよいのでしょうか。まず、原材料の部分の記載が曖昧なものは出来るだけ避けるようにしましょう。そして、重要なポイントが「穀物が含まれているかどうか」というところ。犬は本来肉食の生き物であるため、穀物をうまく消化することが出来ない体の構造になっています。ですから、穀物を摂り続けることは犬の体に負担をかけてしまいますし、アレルギーや涙やけ、その他様々な疾患を引き起こすリスクを高めてしまうことにも繋がるのです。こうしたことをきちんと理解しつつ、最終的には「その子に合っているかどうか」という部分も含めて正しい選択をしましょう。そのためにも、日ごろからきちんとスキンシップを図り、愛犬の特徴や個性を把握しておくということが大事になってくるのです。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。