1、犬が好き嫌いで生食を食べない場合はどうしたらよいか

1-1、無理なく生食(ローフード)を試してみよう

生食(ローフード)ってご存知ですか?ここ最近、犬のご飯を手作りする飼い主さんが増えていえるのですが、そんな中注目されているのが、犬に生の肉を与える「生食」です。オオカミを祖先に持つ犬は、生の肉を食べるのが本来の食性に最も近いとされ、食いつきが悪い子ダイエットが必要なちょっと肥満傾向にある子におすすめの食事形態でもあるのです。生肉に含まれる動物性たんぱく質は犬が消化しやすく、また、アミノ酸のバランスも良いため、脂肪の少ない筋肉質な体を作ってくれると言われています。

とは言いましても、普段生食に慣れていない子や好き嫌いのある子は、なかなか生食を食べないということもあるでしょう。そんな時は普段のドッグフードにほんの少し混ぜたり、始めは野菜と混ぜたりしながら様子を見るようにしてください。
また、犬は私たちが思っているよりも繊細で敏感な生き物ですから、普段食べなれていない生の肉や野菜を食べることでお腹を壊したり、食欲が低下したりしてしまう可能性がありますから、飼い主さんがしっかり様子観察しながら調節してあげることが大事です。

生食に慣れてきたら、一日二回の食事のうちのどちらか一回を生食に切り替えるのも良いでしょうし、手作りはなかなか手がかかって大変だ・・・という時はトッピングという形で取り入れるのも良いでしょう。
一番大切なのは、「生食がすべての犬に良いとは限らない」ということ。なかにはどんなに工夫をしても食べてくれない子もいますし、生食にすることで逆に体調を崩してしまう子も中にはいるでしょう。ご自分の愛犬の嗜好、状態に合わせて対応するという柔軟性を忘れないようにしてくださいね。

1-2、まとめ・・・

犬の食事を生食(ローフード)にすることで得られるメリットとはどんなものがあるでしょうか。犬はもともと肉食の生き物である為、生の肉を食べることが本来の犬の食性に最も近い形だとされ、生肉に含まれる動物性たんぱく質は犬が消化しやすいともいわれています。また、アミノ酸のバランスも良いため、脂肪の少ない体を作ってくれるとも考えられているのです。
とは言いましても、普段から生食を食べなれていない子はなかなか食べようとしなかったり、また、お腹を壊してしまう可能性もあります。ですから、生食を試すときは小量ずつ始めるようにし、犬の状態をしっかり観察するようにしましょう。普段食べているフードに混ぜ込んだり、野菜と混ぜたり、トッピングとしてご飯の上に乗せて見たり、様々な形態を試してみてはいかがでしょうか。
とは言いましても、いくら生食が犬に合っているとしても、それがすべての犬に当てはまるとは限りません。生食が合わない子もいますし、どんなに工夫をしても食べてくれない場合もあります。大切なのは、その犬に合った最適な食事を与えるということ。このことを忘れてはいけないのです。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。