1、結局食べたことがあるかそうではないかの違い

1-1、アレルギーについて

アレルギーは身近なもので発症することが多くあります。もちろん体質などで変わることも多くありますが、基本的に身近なものでアレルギーになる可能性が高いです。そして、食物性のアレルギーの場合、最初は問題なかったものでも食べ続けることでアレルギーになる成分が反応するようになりアレルギー体質になることがあります。

1-2、鹿肉がアレルギーの犬持ちにおすすめって本当ですか

アレルギーも様々なものがあり、肉アレルギーもあったりします。そして犬でもそれに苦しんでいるものがいるかもしれません。そんな犬に鹿肉が良いのではないかと噂になっていますが、その理由について説明をしていきます。
鹿肉を食べさせることでアレルギーを回避出来るには出来ます。ですから、肉関係が全てアレルギーになったとしても鹿肉が残っていれば食べることが出来ます。しかし、ここで注意して欲しいのですが、鹿肉も最終的にアレルギーになる可能性があることです。あくまでも鹿肉はあまり食べたことがないからおすすめということで、必ずアレルギーにならない肉というわけではないので注意です。
そもそも犬が肉のアレルギーになるのは結構稀です。相当その肉を食べさせていたか、ドッグフードの問題があります。それ故に、別に鹿肉がおすすめされていますが他の肉、それこそカエルの肉でも良い場合があります。これがアレルギー持ちの犬に良い理由でありおすすめできるところです。

1-3、鹿肉のカロリーについて

鹿肉ですが、かなりカロリーが少ないのです。おおよその数値ですが、牛肉が100gで300kcal以上となっており、豚肉が100gで150前後となっています。そして鹿肉ですが何と100gが100kcalより少し多いくらいなのです。これはもう低カロリーと言っても良いでしょう。故に、老犬の食事に良いでしょう。ちなみに、低カロリー、高タンパク質、鉄やビタミンB2を多く含んでいます。
ただし、鹿肉ですが獲得できるなら良いのですが、簡単に獲得できない場合が結構あります。それにドッグフードに使われることもかなり少ないので注意です。それ故に獲得を考えると結構難しい場合がありますので注意しましょう。

1-4、アレルギー持ちで老犬ならとても良い

上記で説明したように鹿肉は低カロリー、高タンパクですので老犬にとても良いです。それに、結構老犬の場合アレルギーを発症することがありますので多少なりともアレルギー対策にもなりますのでかなりおすすめできるでしょう。もちろん、食べさせる時に注意して居ないと良くない状態になることがありますが、問題無く食べることが出来るならかなりおすすめの肉になりますので与えてみると良いでしょう。他の肉よりも食べやすいお肉なのでよく考えて与えてみると良いでしょう。

1-5、まとめ。

鹿肉は他の一般的な肉よりも結構食べやすく良い栄養素を獲得出来るお肉です。それ故におすすめできるところが結構ありますので、犬に与えてみると良いです。ただし、獲得出来るところを必要としているので注意です。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。