1.チワックスの成長のためにカナガンはどうか?

1-1.チワックスにはカナガンがおすすめ

チワックスはチワワとダックスフンドのミックス犬である種類を指します。この犬種に与えるドッグフードは「カナガン」がおすすめとされています。
カナガンは穀物類が一切使われていないグレインフリーの特徴があり、原材料には栄養素が豊富なものが多く使われています。骨抜きチキン生肉を26%、乾燥チキンを25%と多くの割合を占めており、ミネラル・ビタミン類・グルコサミン・コンドロイチンなど豊富な栄養素が含まれています。成分は粗タンパク質が33%、炭水化物が32.5%という割合になっています。
一般的なドッグフードと比較すると肉の割合が高いという事と、タンパク質の割合が優れ、コンドロイチンやグルコサミンなどの栄養素が含まれるのが大きなポイントとなります。
また、犬の好みによって大きく異なる点ではありますが、一般的なドッグフードに比較して食いつきが良かったり、その後の体調が優れたりする事があるようなので、様々な利点があるといえるでしょう。

1-2.なぜチワックスにおすすめなの?

カナガンの特徴とチワックスにおすすめという事を説明しましたが、具体的になぜチワックスに良いのかというのが気になるところでしょう。
ポイントはカナガンに含まれる「コンドロイチン」と「グルコサミン」です。コンドロイチンは全身の様々な部分に存在している成分ではありますが、その中でも関節の軟骨に多く含まれる特徴を持ちます。そしてグルコサミンには軟骨に発生する摩擦を抑制してくれる働きがあるほか、傷がついてしまった関節の軟骨を修復し、そこから再生を促す事と考えられているのです。
しかしだからといって、これらが豊富に含まれるカナガンがチワックスに対しておすすめである理由にはなりません。
チワックスにカナガンがおすすめと言えるのは、犬種の特徴が関係しています。

1-3.チワックスの特徴

チワックスは説明した通り、チワワとダックスフンドのミックス犬です。このそれぞれの犬種ですが、体質的に関節が弱い特徴があるのです。
チワワは膝蓋骨脱臼と言われる病気が多くみられる犬種です。これは後ろ足の膝の皿が外れたりズレたりしてしまうもので、チワワに限らず小型犬に多い特徴があります。
次にダックスフンドですが、特徴ともいえる胴長短足の体型は腰に負担をかけやすくなってしまうため、椎間板ヘルニアを発症する例が多くみられます。
いずれも軟骨や関節に関係する病気なのですが、これらの症状を未然に予防する為には、それに関係する栄養素を摂取するのが望ましいと言えます。そこで、コンドロイチンやグルコサミンが含まれているカナガンがおすすめといえるのです。通常のドッグフードにはそのような成分が含まれていても少量であるため、チワックスの体調を改善する事に繋がるまで影響がないかもしれません。なので、チワックスをお飼いの方は、カナガンを利用してみてはいかがでしょう。

1-4.まとめ

チワックスは体質的に関節を痛めやすい性質があります。そこで、関節の病気を引き起こしてしまわない、あるいは起こりづらくするためにも、コンドロイチンやグルコサミンなどの成分が豊富であるカナガンを与えてみてはいかがでしょう。

 

【参考ページ】→ 小型犬におすすめ!病気や健康を考えたドッグフードランキング

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。