chiwawa_img

1.チワワが必要な栄養と安心できるドッグフードとは?

 

1-1.栄養

チワワが必要な成分は主に、

  • タンパク質
  • 脂肪
  • 炭水化物
  • ミネラル(カルシウムやリンなど)
  • ビタミン

などで、人間と同じこれらの栄養素をチワワも必要としています。ただ、チワワと人間は体の大きさが全く違いますので必要量などは変わってきます。

 

1-2.ドッグフード

最近ではドッグフードはペットショップ以外でも、インターネットの通信販売やホームセンターでも販売されています。チワワのドッグフードの選びかたですが、まず大きく分けてドッグフードでもドライフードとウエットフードがあります。あとは最近では手作りフードというのもありますね。それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

ドライフード(一般的な袋売りのフード)

メリット
  • コストが他よりも掛からない。
  • カリカリと食べるので歯石が付きにくい。
  • 長期保存しやすい。
  • バランスの取れた栄養が入っている。
デメリット
  • 噛み砕く力が弱くなったシニア犬には向かない。
  • 水分含有量が少ないのでたっぷりの水分を用意する必要がある。

ウエットフード(通常缶詰などで売られている)

メリット
  • 食いつきがいい。
  • 水分含有量が多い。
デメリット
  • 腐りやすい(缶を開けた後)
  • 添加物がドライフードよりも多い。

手作りフード…(家で作るご飯)

メリット
  • 添加物を入れないで作ることが出来る。
  • 日替わりでメニューを変えられるのでチワワが飽きない。
  • 愛情たっぷりのご飯をあげる事が出来る。
デメリット
  • 他のドッグフードよりコストがかかる。
  • 栄養バランスやカロリーなどを毎回計算して作る必要がある。

 

チワワに与えてはいけない食べ物も各種覚えなくてはいけません。自信がない人はやらない方が愛犬のためです。その点、ドライフードはチワワが必要な栄養が全て入っていてお手軽に毎日のご飯にする事ができる上、歯石もつきにくくお勧めです。そしてドッグフードも、パピー(子犬用)、アダルト(1歳~6歳)、シニア(7歳以上)などその年齢にあった栄養が含まれているものに分かれています。さらにチキン、ビーフ、ラムなどメインにしている食材も違います。
チワワに安心できるドッグフードを与える上でまず飼い主がする事はフードに記載されている原材料をよく確認することです。原材料はその食品に入っているものが多い順に記載されていますのでよく確認しましょう。

 

1-3.サプリメント

通常の食事の他にサプリメントを与えるのも良いでしょう。関節健康維持のためのグルコサミン、やコンドロイチンや目の健康維持のためのブルーベリーなど最近では愛犬用サプリメントもたくさん販売されています。ただドッグフードだけでチワワに必要な栄養はすべて揃っていますので過剰に与えすぎないように1日当たりの使用量・用法をきちんと守ってくださいね。

 

【続けて読みたい関連記事】 → チワワにおすすめのドッグフードは?何を基準に選ぶといいの?

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。