1.キャネディのドッグフードはおすすめなのか?

1-1.キャネディの特徴は?

こちらでは『キャネディ グレインフリーピュアエレメンツ ドライフォーミュラドッグフード(ラム)』の詳細をお伝えします。

a,成分や原材料は?

原材料はラム、ターキーミール、チキンミール、サツマイモ、ヒヨコマメ、エンドウ、チキン脂肪、ニシンフィッシュミール、ジャガイモ、乾燥アルファルファなどが使用されています。
成分はタンパク質32%、脂肪18%、エネルギーは記載がありません。

b,安心して与えることが出来るか?
こちらの商品は人口添加物が使用されていないフードとなっています。ただ、肉類の中でもラム以外はミールが使用されています。ミールというのは副産物であり、肉以外部位もミンチにされている可能性のあるものです。

c,グレインフリー(穀物不使用)は?

この商品はグレインフリーとなっているので、穀類の心配はありません。

1-2.病状・犬種・ライフステージ別に考える

a,内臓系の症状

このフードは腸内環境をよくするためのプロバイオティクスが配合されています。そしてアンチエイジングや体の酸化を防ぐ抗酸化成分も配合されていて体の内面の健康維持をするためのフードとなっています。

b,関節の症状

直接、関節や骨にいいとされる成分はありませんが、このフードはプロテインが多く入っています。プロテインは骨や関節の強化にもなると言われています。

c,皮膚病

皮膚や被毛にいいとされるリノール酸(オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸)が配合されています。そして原材料が少ないためにアレルギーを起こしにくいと言われています。そのためアレルギー性皮膚炎の予防に繋がりやすいといえそうです。

d,犬種別

こちらのフードは全犬種向けとなっています。

e,ライフステージ
このフードは成犬用となっています。パピー用(チキン味)は別に販売されています。

f,ラム味の他にダック味、パピー用、バイソン味、サーモン味、肥満用、穀類が使用されたオールステージ用などが販売されています。

アメリカ発のフードという事で大袋での販売となっています。購入時には並行輸入品や正規輸入品の確認、少ないキロ単位での販売の場合は日本で詰め替えられたリパックの可能性があります。このリパックは日本でされていますので一度開封されているという認識を持ちましょう。

1-3.まとめ

評価 3

アメリカ発のフードという事で大袋での販売となっています。購入時には並行輸入品や正規輸入品の確認、少ないキロ単位での販売の場合は日本で詰め替えられたリパックの可能性があります。このリパックは日本でされていますので一度開封されているという認識を持ちましょう。アレルゲンも少なく高タンパク質のフードなので

【参考:愛犬の健康におすすめのドッグフードをお探しならこちらもチェック!】
→ 小型犬におすすめ!病気や健康を考えたドッグフードランキング

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。