1.カナガンのドッグフードはパピーにもおすすめ

カナガンはイギリスで開発されたグレインフリー(穀物不使用)のフードになります。従来の栄養バランスよりも肉の配合が多く小粒のために小型犬でも食べやすく食いつきがいいと評判のドッグフードになります。
ただ、カナガンのドッグフードは犬の年齢別に分けられていません。どの年齢の犬にもいいと書いてありますが、これから体を作るために栄養がたくさん必要なパピーにもおすすめなんです。それはなぜでしょうか、こちらで紹介しています。

1-1.カナガンのドッグフードがおすすめの理由

カナガンのドッグフードは一般で販売されている子犬用ドッグフードよりも栄養素が豊富に含まれています。そのために子犬にもおすすめなのです。

1-2.カナガンのドッグフードをあげる時の注意点

ただ、カナガンのドッグフードは栄養が豊富です。ですから、年齢によってご飯にあげる量を調整しなくては栄養不足になったり肥満になってしまったりしてしまいます。そして生後間もない子犬の場合はふやかしてあげる必要もあります。
フードをあげる時に注意点としては、体のサイズで食事量が決まるわけではありません。必要なカロリーの量によって食事量が決まるのです。子犬だから少量しか食べないのではありません。子犬は特に消化器官が弱く吸収力がとても弱いです。そしてこれから体を大きくさせるためにたくさんの栄養も必要です。この事から子犬には多くの給餌量、そして高栄養が重要なのです。
そして子犬の時に食事量が多いからと言ってそのままの食事量を与えていては次第に肥満になってしまいます。体が出来上がってくると同時に栄養をすべて吸収する力、そして必要な栄養素が減るからです。必ず愛犬の給餌量はパッケージに書いてあるものを目安にして少なすぎず多すぎない量を与えましょう。特にパピーといっても生後1年は頻繁に給餌量が変わりますので注意しましょう。

1-3.カナガンドッグフードは胃腸にやさしい

カナガンのドッグフードは良質な鶏肉をメインにサーモンオイルや鶏脂、そして穀物不使用のフードです。穀物は本来犬にとって必要なものではありません。そしてアレルギーの発症を起こすものも多いのです。そして消化にも時間が掛かります。犬は穀物を消化するための酵素を持っていないからです。そのため穀物を使用していない点は犬にとって胃腸にも優しくどの年代の犬種にとっても胃腸に負担を掛けないドッグフードとなっているのです。

1-4.まとめ

カナガンのドッグフードは犬にとっては良質の原材料を使用したドッグフードとなっています。ただ、子犬はとてもデリケートです。いきなりフードを切り替えると反対に胃腸に負担を掛けてしまいます。今まで与えていたフードから少しずつ1週間を目安に切り替えてあげましょう。

【参考サイト】⇒ 『カナガンのドッグフード』 詳細はこちら



 

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。