1.カナガンドッグフードの悪評の理由

1-1.まずは小量から試してあげることが大事

カナガンドッグフードは「100パーセントの犬が食べてくれた」ということで有名です。ですが、そんなに良い評価ばかりで、悪評はまったくないのか?と、疑問に感じる方も少なくないようです。確かに、中には「うちの子は全然食べてくれなかった」、「カナガンの匂いが苦手のようだ」など、いわゆる「悪評」ともいえる口コミもあるのです。ですが、カナガンに切り替えたら食が進まなくなったというケースの多くが、与え方に問題があると考えられます。ドッグフードを新しいものに変える際は、今まで食べていたものに少しずつ混ぜるようにして慣れさせてあげるということがポイントだと覚えておきましょう。

1-2.焦らず判断しましょう。

品質が良くない安値のドッグフードの多くが、たくさんの香料を使用することによって犬の鼻をごまかそうとしています。こうしたドッグフードに慣れてしまった犬は、素材本来の匂いのするカナガンドッグフードに対して拒否反応を示してしまうことが少なくありません。この段階で「うちの子はカナガンを食べないんだ」と判断してしまうのは早すぎますね。カナガンに限らず、ドッグフードを切り替える場合、最初から完全に新しいものにしてしまってはいけないのだということを覚えておきましょう。

また、高品質のドッグフードは一粒あたりの栄養価が高い場合が多々ありますから、こうしたことも食が進まない背景にあるかもしれませんね。少しの量でしっかり栄養を補えるので、それまでよりは食べる量が減る可能性があるのです。このことも頭にいれておいてください。

1-3.まとめ・・・

このように、カナガンドッグフードを食べない子がいてもなんら不思議ではありません。私たち人間がそうであるように、例えば昨日までご飯を食べていた人に急にコーンフレークを出してもスムーズに食事がすすまないのと同じです。犬にも個体性がありますし、私たちが考えている以上に犬は繊細な生き物です。いつもと違う食事に戸惑い、一時的に食欲が低下することはよくあります。この段階で「カナガンは合わなかった」として中断してしまうのはあまりにももったいないように感じます。少なくとも2週間は試してから判断するようにしてください。
カナガンドッグフードを始めとする海外産ドッグフードの多くが、その品質と管理に関しては徹底されています。より新鮮なフードを提供するため、防腐剤などが使われておらず、ホームセンターに在庫を保管することが出来ないものも多々あります。特徴的な匂いがするとすれば、こうした背景があるからでしょう。
愛犬の健やかな健康を維持する為、食事選びにはこだわりたいところ。世間の一般的な評価や口コミより、まずは自分の犬に合うかどうかを一番の判断材料にしてください。そして、ドッグフードを変更したときは、愛犬の体調の変化にも注意しましょう。排便の様子、食欲、機嫌は良いかどうかなど・・・飼い主さんがきちんと管理してください。

【関連記事】→ 評判のドッグフード「カナガン」。何故これ程おすすめされるのか?

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。