1.BHAとは一体何か

ドッグフードの成分表をご覧になったことがある方は少なくないと思いますが、「BHA」という記載に気が付いておられたでしょうか。これが一体何かと申しますと、いわゆる「腐ってしまうのを防ぐ役割」を果たす成分のことです。動物性脂肪などの油脂成分を含むものは油脂が酸化することで毒素が出てきてしまうので、BHAなどの「酸化防止剤」が必要になってくるのです。ですがこのBHA、一部の研究では発ガン作用があるとの結果も出ており、非常に危険だともされています。ドッグフードを購入する際は、こういったものが含まれているものが多いですからしっかり確認してから購入するようにしましょう。

1-1.酸化防止剤BHAにはご注意を

このBHAですが、もともとはガソリンの酸化防止のためとして作られたものであり、発がん性作用が認めれたことから食品への使用が禁止されました。その後ある研究チームによる実験により、イヌ、サル、ブタへの発がん性が認められなかったという結果から、一定の規定を設けてドッグフードへの使用が認められるようになったのです。
とは言いましても、いったいどの結果が本当なのか・・・という点ではまだ不明瞭な部分が非常に大きいのがこの「BHA」です。良質なドッグフードには、天然の酸化防止剤を使用しているものも存在します。天然の酸化防止剤として用いられるものは、例えばビタミンC,ビタミンE,ミックストコフェロール、クエン酸、カテキン、コーヒー抽出液などが挙げられます。こうしたものが使われているドッグフードを選ぶようにしてみましょう。

愛犬の健康をしっかり守るためには、こうした知識をきちんと頭に入れておくことが非常に重要になってくるのです。安心、安全な製品を正しく選ぶこと。それも飼い主の責任のひとつだということを理解しておきましょう。

1-2.まとめ・・・

ドッグフードが腐らないようにするための成分は必要不可欠です。ドッグフードを冷蔵庫で保存するわけにはいきませんから、ある一定の期間保つような配慮が各ドッグフードに成されていることは、ある意味当然のことなのでしょう。ですが、健康を害するものを与え続けることは愛犬のためにはなりません。飼い主さんは、出来るだけ体に優しい天然素材の酸化防止剤が使用されているものを選んであげてください。
ですが、こうした天然の素材を使っているものは「長持ちしない」というデメリットがあるのも事実。買いだめしないでこまめに購入することで新鮮なフードを愛犬に与えることが出来るのだと割り切って、出来るだけ有害物質に汚染されていないフードを購入するようにこころがけましょう。
犬だから、動物だから、少しくらい体に有害なものを摂っても仕方ない・・・と、妥協しないで頂きたいのです。その子の健康と命を飼い主さんがしっかり管理し、最期まで守ってあげなくてはいけません。品質の良いフード選び、正しいフード選びをしてください。

 

【関連記事】

【知っておきたい!】犬が中毒を起こす食べ物は?

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。