1.添加物を含まない手作り食

1-1.犬の手作りご飯はバランスを考えながら少しずつ試してみて

ドッグフードには様々な添加物が含まれているため、ここ最近はドッグフードではなく手作り食に挑戦している飼い主さんが増えています。もともと犬はオオカミを祖先に持つ肉食の生き物ですから、「ローフード(生食)」を与えることで健康維持に努めているという飼い主さんも少なくありません。こうした手作り食に挑戦する場合、栄養のバランスが偏らないように調整してあげる必要がありますから、あまり無理せずに「ドッグフード+手作りトッピング」などで少しずつ始めてみることをおすすめします。(【参考記事】→ ドッグフードにプラスα!手作りトッピングに挑戦してみよう

1-2.手作り食のメリット

手作りご飯の利点としては、「それぞれのわんちゃんに合わせて最適のご飯を食べさせてあげることが出来る」というところでしょう。犬でも「食べ物の好み」というものはその子によって違ってきますし、アレルギーの有無などでも差は出てきます。ですから、「うちの子にはコレが一番!」という「ベストフード」を追求することが出来ます。また、自分で作ることでそのご飯に何が含まれているか把握出来るので安心ですね。こうした面が、手作りご飯の良いところだといえるでしょう。

1-3.手作り食のデメリット

反対に欠点としては、どうしても市販のドッグフードのように栄養のバランスを調整することが難しい為、肥満や塩分過多などに陥ってしまいやすいというところ。また、始めのうちは使う食材にも気を使わないと、中毒症状を起こさせてしまう可能性もある為神経を使ってしまうかもしれません。

ですから、手作りご飯、手作りトッピングに挑戦する場合は、あまり最初から力まず、少しずつ試してみるようにしましょう。一日二食のうちの一食を手作りにしてみたり、まずはおやつを作ってみるなど、無理のない範囲から始めるようにしてください。

1-4.まとめ・・・

大切な家族の一員でもある愛犬の食事ですから、市販のドッグフードだけを与えていいものなのか、また、今食べさせているドッグフードが本当に安心、安全なのかどうか、どうしても気になってしまいます。また、愛情が深ければ深いほど自分の手で作ってあげたい!という気持ちにもなるものです。ドッグフードだけを与えていることが必ずしも悪いことではありませんし、栄養バランスを考えてもドッグフードで十分補えているといえます。ですが、手作りのご飯を与えるようになったらアレルギーが良くなった、食欲のムラがなくなったなど、様々な良い面がありますから、手作りご飯に興味がある方は是非少しずつ挑戦してみて頂きたいと思います。
気をつけなければいけないのは、中毒症状を起こさせる食べ物を使わないということ。ネギ類やブドウ、チョコレートなどは犬にとって良くない食べ物として知られていますが、その他にも気を付けなければならない食べ物が多数存在します。また、どの食べ物がアレルギーを引き起こさせるかも分かりませんから、そうして面にもきちんと注意しながら作ってみてください。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。