1、無添加物のドッグフードは何が良いのか

1-1.無添加でも確認するところは確認する

無添加は添加物が入っていないものです。それ故に、安心して無添加を購入する人がいるのですが、無添加でもしっかりと確認した方が良いところがあります。特に原材料の確認はしっかりとするようにしてください。無添加でも原材料に問題がある場合は意味が無いので注意しましょう。

1-2.無添加のドッグフードを選び方について

無添加のドッグフードでも選び方というのがありますので、しっかりと考えて選ぶようにしてください。まず、人が食べることが出来るようなものを使用しているかです。ドッグフードは基本的に犬が食べるものです。そして、人間が食べられないものは犬も食べられないので、人間でも食べられるものをドッグフードとして選ぶようにしましょう。ちなみに、人間が食べられても犬は食べてはいけないものがありますので注意です。特に消化の悪いものはあまりおすすめしませんので、その点を考えてドッグフードを選ぶようにしましょう。
次に、食べ続けることが出来る味であるかです。無添加でも結局はドッグフード。それ故に、犬自体が美味しく食べていくことが出来るドッグフードを選ばないといけません。人間も美味しくないものを強要すると食べたくないですから、しっかりと美味しい無添加のドッグフードを与えるようにしてください。ちなみに、1つだと飽きる可能性がありますので、幾つかあったほうが良いかもしれません。そこら辺の工夫は飼い主に一任されます。
次に、お金面です。安いドッグフードの場合添加物が多いです。無添加のドッグフードだと結構高い場合が多いでしょう。そして長く使っていくとその分飼い主に負担が出てしまいます。それでも問題ないなら良いのですが、資金的にあまりかけたくないならよく考えて選ぶようにしましょう。ただし、選ぶ際は他のことも考えて選ぶようにしましょう。

1-3.無添加のドッグフードでも犬によって異なる

ドッグフードを選ぶ際に結構注意して欲しいのが犬によって異なるドッグフードです。まず、犬種によってドッグフードが異なりますので無添加のドッグフードを選ぶ場合はしっかりと犬種にあったドッグフードを与えるようにしてください。
次に、栄養面での偏りがある場合などもドッグフードでサポートしてくれるものがありますので使っていくようにしてください。ちなみに、この手のドッグフードは毎日同じものを与えるのではなく栄養面が偏った時に使うことをおすすめするので、他のドッグフード与える必要がある場合があります。
アレルギーなどに注意しましょう。無添加のドッグフードでも、アレルギー作用が出てくるものが入っていることがありますので、しっかりと確認して問題ないかを考えて与えるようにしてください。アレルギーはあまり症状が良くないと本当に苦しいので注意しましょう。
このように無添加でもドッグフードによって考えないといけないことがありますので、自分の犬との相性が良いかをしっかりと確認するようにしてください。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。