byoukiinu

1.犬がふるえる理由について

犬が震える場合、その原因は寒さだけではない場合が多くあります。ストレスや神経系の病気、痛みなどが原因である場合も少なくありませんから、その震えがどこからきているものなのかを知る必要があるのです。

 

突然の震えや、原因が分からない震えが続くような場合はかかりつけの動物病院へ連れて行ってあげるようにしてください。

1-1.犬の震えの原因は「寒さ」だけじゃない!

犬が震える原因としては、下記のようなものが考えられます。まずは「寒さによるもの」。高齢の犬などは寒さにも耐えられなくなってきますので、特に屋外飼育の場合は寒さ対策をしてあげる必要があるでしょう。また、「高熱がある場合」も震えがみられます。その場合は感染症や熱中症の可能性もありますから早急に対処してあげてください。また、「ストレスや恐怖」で震えることも少なくありません。急に大きな音がしたり、知らない人に会ったときなどは緊張して震えてしまいます。反対に、大好きな人に久しぶりに会ったり、おもちゃをもらったときなどは「興奮」して震えることもあります。

 

他にも、「怪我」や「痛み」、「吐き気」なども原因として考えられます。特に「吐き気」をもよおす場合は中毒症状を起こしている可能性も考えられます。犬が中毒を起こす食べ物(ネギやチョコレートなど)を口にしなかったかどうか確認し、急いで病院へ連れて行きましょう。

 

このように、犬が震える原因はひとつではないのです。その原因を特定してあげなければ震えの解消には繋がりませんから、知識としてこれらを頭に入れておくようにしてください。そして、適切な対応が出来る飼い主であるように心がけてください。

 

1-2.まとめ・・・

このように、犬の体が震える原因がいくつか分かったと思います。特に歳をとった高齢の犬は足腰が弱くなってしまい、立ち上がる際に震えるということも多くなるでしょう。そうした場合には、必要に応じて飼い主さんが介助してあげなければならない場面も増えてきます。ほかにも、低血糖や病気が原因で震えを来たすことも多々ありますから、「最近うちの犬が震えるようになった」、「なんだか震えが止まらない」といった場合は、かかりつけの動物病院の診察を受けることをおすすめします。

 

もしもそれが、ストレスが原因で起こる震えだった場合は、飼い主さんのサポートが必要不可欠になってきます。そのストレスや恐怖、緊張を出来るだけ取り除くような配慮をしてあげましょう。大きな音が聞こえない場所につれていってあげたり、緊張しているようなら抱きしめて撫でてあげたり、飼い主さんとの触れ合いが一番効果がある場合も少なくないのです。

 

その子の震えの原因を知ることがまず第一。そして、次に飼い主としてどんなことが出来るのかを考えてあげること。放っておいても大丈夫、という安易な気持ちにだけはならないようにしてください。その子の健康と、穏やかな生活を守るための努力をしましょう。

 

【関連記事】

愛犬が病気かも!ぶるぶると震えているなら注意です!

 

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。