1、食が細い犬の対処について

1-1、食の細い犬にも原因がある

基本的に食の細い犬の場合でも、食べない状態と同じように原因がありますので、それをしっかりと確認するようにしてください。原因を解決しないといくらドッグフードを与えても全く食べようとしないので注意です。

1-2、食が細い原因

食が細い犬になってしまった原因をしっかりと確認するようにしてください。それでその原因としてはこのようなものがあります。

【1つ目】

1つ目に病気で食欲が無い場合です。
これは、病気が原因で身体の怠さで食べられないということがあります。症状によっては何もかも喉を通らないということがありますのでしっかりと確認するようにしてください。

【2つ目】

2つ目にお腹が空いていない場合です。
基本的に犬は何かをあげれば食べるには食べますが、やはり生き物ですからお腹いっぱいだと食べることは難しいでしょう。無理に食べても吐く可能性があります。ちなみに、つまみ食いをしてお腹がいっぱいということがありますので注意です。

【3つ目】

3つ目に食欲よりも気になるものがある場合です。
人間でも食事よりも優先するものがあればそちらに注意が引きます。そうなると食べないということがあるでしょう。犬もそのようなことがあり、例えば発情中に意中の犬がいる場合などに起こりやすいです。また、落ち着いて食べることが出来ないから食べないということもありますので注意です。

【4つ目】

4つ目として食べないことで次の物が来ると思っている場合です。
ずる賢い犬になると食べないともっと美味しい食べ物が食べられると思って食べないことがありますので注意しましょう。

1-3、対処方法について

食の細い犬の対策としてはこのようになっています。上記のものと対応しているので確認してください。

【1つ目】

1つ目の対策としては、とにかく病気を治すことです。完全に治さないまでもある程度症状が治まれば食べることが出来ます。それでも食べられないという場合は液体や柔らかいものを与えるのが良いでしょう。最悪医療機関で特殊なものを与える必要があります。

【2つ目】

2つ目の対策は単純にお腹が空いている時に食べさせるようにしてください。また、お腹が膨れている原因を確認するようにしてください。特につまみ食いは場合によっては良くないものを食べている場合がありますので、必ず確認としつけをするようにしましょう。あと、おやつなどは上げ過ぎないようにしてください。

【3つ目】

3つ目の対策として気になるものを一度隠すことです。場合によっては静かな部屋などに置いて食べさせるようにしましょう。

【4つ目】

4つ目の対策ですが、これが結構難しいです。基本的にはしつけが重要です。しつけとして食べないなら他のものを出さずにあげないのがしつけです。一定時間経ったら同じドッグフードを与えて食べればよいですが、食べない場合はまた引っ込めるという方法が良いです。

他にも対策として、与え方を変えてみるやそもそも餌の方を美味しくするなどの方法で解決する場合もありますので、よく考えて対策をするようにしてください。

1-4、まとめ。

元気な犬が食べないのは明らかに駆け引きをしている状態ですが、本当に具合が悪いなどの場合はしっかりと対策をして問題を排除するようにすれば食べることが出来るようになります。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。