1.犬の突然死は何が原因?

1-1.突然死について

突然死は犬だけでなく人間や他の動物でも発生することです。主にその原因としては脳や心臓などで生きるのに必要なところの死が多いでしょう。そして、まず確実に病気です。原因がわかることもあれば、わからないことも少なからずありますので、完全に突然死を予防することはほぼ不可能です。それでも生活の状態を良くすることで重要です。

1-2.犬の突然死とは?

犬の突然死は様々なものがありますが、中でも可能性として考えられやすい原因としては心臓や脳、そして病気によるものです。ただし、犬こそわからない病気で突然死ぬということが多いです。解剖したとしても解明されない突然死というのがありますので注意が必要です。と言っても、突然死の予防が出来ないかというとそうではありません。
そこで予防についてですが、基本的には生活を見直し、改善することで犬の健康を気遣ってあげる事が大切です。生活の中で問題となる、特に病気などになりえることがないかを確認して無くすことである程度予防をすることが出来るでしょう。主に運動不足ではないか、食事は体にあっているか、そして体調が悪そうであれば獣医に相談するという事などがあげられます。また、衛生面も決して無視できないポイントです。
そしてもう一つ、犬の状態を理解することです。

 

突然死はその言葉通り突然死ぬことです。しかし、予兆というのが必ずどこかにあるはずなのでそれを探すようにしましょう。ただし、見た目だけではわからないことがありますので注意しましょう。目や耳、歯などに異常が無いか、呼吸や食欲、排泄物に何かしらの問題ないかを確認していくようにしましょう。何かしらのいつもと違うところを見つけることで突然死の予防ができるかもしれません。ですから、愛犬の観察をするようにしましょう。ただし、それでも必ず回避出来るわけではないので注意です。

 

1-3.突然死が起きてからわかることがある

様々な原因で起こる突然死ですが、実際のところ死んでからわかるということが比較的多いとされています。例えば、元々心臓が弱かったや特定の病気に弱く、それに気がつけなくて突然死までになってしまったということが多くあります。そのため、突然死になる前に原因を理解して治療して問題を解決するというのが非常に難しいです。特に子犬などは本当に注意をしていても突然死というのが発生することがあります。ですから、飼い主は突然死になったからといって落ち込まないようにしてください。実際常に何かしらの検査をしているなら判明するかもしれませんが、そのようなことは出来ません。しっかりと検査などを行った上で突然死を避けるのは非常に難しいため、強く心配しすぎないのも大切と言えるかもしれません。いつも元気でいた犬だった場合、病気の判断は獣医でも難しいです。
何かしらの信号を見逃さないことが予防ではありますが、それでも難しいことは難しいので思いつめないようにしましょう。ちなみに、元々何かしら弱い犬だった場合はそこを重点的に注意するようにしてください。そこから突然死になる可能性が高いです。

 

【関連記事】→ 犬がそわそわして落ち着きがない、それって病気のサインかも!?

 

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。