img.inu

1.小型犬の健康を考えたドッグフード選びについて

愛する「小型犬」は、特にお子さんのいない女性にとってはまるで自分の子供のように愛おしい存在ですよね。もはやただの飼い犬、ではない状態の飼い主さんがとても多いようです。自分にとってそこまで愛することのできる生き物がいるということは、とても幸せなことですが、だからこそ、日ごろの愛犬の調子や、食欲、元気のなさなどの問題が起こったときに、とても悩んでしまうことでしょう。そんなときに、普段のドッグフードを変えてみることによって、愛犬の元気のない状態が劇的に改善されることがあります。ここでは、そんな小型犬おドッグフード選びについてお伝えしていきますので、小型犬のごはん選びでお悩みの際は、ぜひ読み進めていってくださいね。

1-1.人間と同じく犬も美味しいものが食べたい

人間であればだれしも“美味しいものを食べたい”と思います。好き好んで美味しくないものは食べたくないでしょう。そして犬もまた美味しいものを追い求める獣です。故に、犬の好みを把握することでより食べてくれます。ですから、好みについて理解をするようにしましょう。

 

1-2.小型犬のドッグフードを選ぶために

小型犬専用のドッグフードは実に多くの種類があります。犬種ごとにありますので、自分の犬の犬種と合っているドッグフードを選ぶようにしてください。しかし、いくら良いドッグフードを獲得したとしてもその犬自体が食べてくれないといけません。ですから、できるだけ美味しそうなドッグフードを選ぶようにしてください。と言っても、人間が見て美味しいドッグフードだと判別することは難しいでしょう。ですから、犬に食べてもらうようにしてください。特に子犬や成犬用のドッグフードを選ぶ場合は一度食べさせて反応をみるようにしてください。そうすることで好みを見つけてそれを与えていくと良いです。好みを見つけることができたらそのまま食べていってくれるので健康に良いドッグフードを探して探りましょう。ただし、下手な探り方をするとわがままになることがありますので注意です。故に、早い段階で好みを把握することをおすすめします。

 

1-3.良い小型犬のドッグフードを探す

小型犬に合っているドッグフードを選ぶ場合はどのようなドッグフードか?を理解して獲得するようにしてください。特に“どのような栄養、原材料”を使っているかを調べておくことをおすすめします。

●栄養に関して

まず栄養に関してですが、栄養は生きるのに必要なもので、ある程度必要になります。小型犬もしっかりと栄養を獲得して健康的な身体にするようにしてください。と言っても、何でも良いから栄養を獲得すれば良いというわけではないので注意です。必ず今その小型犬に必要な栄養であるかを確認してドッグフードを選ぶようにしましょう。

●原材料に関して

次に、原材料です。ドッグフードも様々なものがありますが、それぞれ原材料が異なります。原材料によっては栄養を獲得するために必要なものもありますが、中には犬にとって良くないものがある場合があります。特に犬が食べると良くないもの、アレルギー、病気に良くないと言った原材料を使用している場合は注意です。ですから、原材料をしっかりと確認して問題ないドッグフードを選ぶようにしてください。ただし、ダメな原材料に書かれているからと完全にダメというわけではないのでしっかりと考えて選択をするようにしてください。

他にも、小型犬でよく言えることなのですがドッグフードの粒の大きさも少し気にした方が良い場合があります。というのも小型犬ようですので比較的小さくなっているとは思いますが、少し大きく喉つまりをすることがあります。ドッグフードをかなり急いで食べると喉つまりしてしまいかなり危険な状態になることがありますので、そのような犬の場合は粒を出来るだけ小さくするのが良いです。あるいは柔らかいものを使用するのも良いのでよく考えて選びましょう。

 

2.参考例:おすすめのドッグフードをご紹介

ここまでお伝えしてきた内容を反映しつつ、おすすめのドッグフードについてお伝えしていきますが、例えば、小型犬のドッグフードで今話題のカナガンなどがその代表格で、食の細かった小型犬がたくさん食べるようになった、前よりも調子がよくなって元気になってきた、といった利用者の声が多く聞かれます。では、一体どんなところがそんなに犬にとって良い効果があるのか?ということについて詳しく見ていきましょう。

 

2-1. カナガンは犬にとって必要な成分のみにこだわっている優良ドッグフード

カナガンは、イギリスが原産の、グレインフリー(穀物不使用)にこだわった、優良ドッグフードです。国産のドッグフードでは、穀物(とうもろこしや麦など安価で大量生産できるもの)を多く使っているものが実は多いのですが、カナガンは、犬には穀物はあまりよくない、という視点から、グレインフリー(穀物不使用)を基盤とし、骨なしチキンを使用して非常に高たんぱく質なドッグフードに仕上げています。

 

では、穀物はなぜ、犬の体にはあまりよくないのでしょうか?

 

それは、もともと穀物というものは、犬の体内での消化率が悪く、さらに、せっかく体内に取り込んだ、犬にとって必要不可欠であるたんぱく質の吸収率をも下げてしまうからです。消化が悪いということは、それくらい犬の腸内環境にとってもあまりよくなく、毎日の健康な犬の排せつを阻害することもあります。そんな穀物を、国産のドッグフードで多く使っている理由としては、まず、穀物が炭水化物代わりになるという点と、腹持ちがよくなる、という点にあります。ですが、犬にはそれほど炭水化物自体も必要がない、という見解もあるのです。そのような理由から、カナガンはグレインフリーにこだわっているのですね。そして、穀物の代わりとしてさつまいもを使用しているのですが、さつまいもであれば、消化もよく、また、犬の腸内環境をよくする働きもあります。

 

2-2. 骨なしチキンのみで補っているたんぱく質量が高い

前述したように、他にも、カナガンは骨なしチキンにこだわっており、成分の中でもチキンの成分が占める割合が全体の60%という、非常に高たんぱく質な成分配合です。特に小型犬などの場合には、活発なタイプが多く、思った以上にたんぱく質を必要としているのですが、カナガンのたんぱく質の含有量の高さは、吸収率とあいまって、たんぱく質の足りていない小型犬にとって、とてもよいのですね。このような理由で、カナガンは犬の飼い主さんに今かなり人気になってきているドッグフードです。さらに言うと、カナガンは無添加なので、その点でも、犬にとって余分な成分が入っていない、安全なドッグフードと言えます。カナガンのように無添加で犬の体にとって有害とされている成分が入っていないタイプのドッグフードなら、元気がない、食が細い、などの飼い主さんのお悩みを解決してくれそうです。カナガンの粒は小粒タイプで、小型犬にもとても食べやすく、食いつきがよくなったという声も多く聞かれます。

【参考】→カナガンの公式サイト

 

3.まとめ

以上、「小型犬のドッグフード、健康にとてもいいフードの種類とは?」というテーマでお伝えしていきましたがいかがでしたでしょうか?可愛い愛犬の日ごろの健康状態に不安がある飼い主さんは、一度、普段の愛犬の食生活を見直してみて、ドッグフードをガラリと変えてみることも、検討してみるといいですよ。

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。