1. 犬の足の痛みや腫れの症状、原因は?

1-1. 小型犬の足の痛みや腫れから考えられるのはどんな病気?

小型犬の足の病気にはさまざまな種類があります。とくに痛みや腫れがある場合は仕草や歩き方がいつもと違うはずです。愛犬がやたらと足を舐めていたり足を気にしているときは、もしかしたら足になんらかの異常があるサインかもしれません。

【足裏などのケガ】
異物がささっていないか、肉球や爪・指と指の間などよく見てあげてください。お散歩中に雑草のノギと呼ばれる麦の穂のようなトゲトゲした実が尖端から犬の皮膚を突き破り、皮膚の下へ潜り込んで化膿するというケースがあるようです。スキンシップタイムにもなりますし、毎日愛犬の体をくまなくチェックする習慣をつけると良いでしょう。

【骨折】
交通事故のほかにも、過度な運動による疲労骨折や高い所から落下したりジャンプしたときなど、日常にも骨折をする原因があります。骨折が起こると、骨折した骨のまわりが熱を持ち腫れてとても痛がります。骨折した部位や程度により症状は異なります。折れた足をかばうように上げて歩いたり足の向きや形がおかしくなることもあります。できるだけ安静にして無理に動かさず、獣医師の指示に従ってください。

【膝蓋骨脱臼】
後ろ足の膝蓋骨(ひざの関節のお皿)が正常な位置から外れてしまう状態のことをいいます。膝蓋骨脱臼になる原因としては、先天性のものと後天性のものがあります。先天性のものでは、生まれつき膝関節のまわりの筋肉や骨・靭帯の形成異常があることが原因です。後天性のものでは、交通事故のほか・打撲や高所からの落下・転倒・急な方向転換また生活環境などが原因となります。無症状のケースから歩行できないようなケースまで、症状はさまざまです。膝蓋骨脱臼は、特にチワワ、トイ・プードル、ポメラニアン、パピヨン、シーズー、ヨークシャー・テリアなどの小型犬によく見られます。

【股関節脱臼】
犬の股関節脱臼は遺伝的によるものと後天的なものがあります。遺伝的な股関節脱臼は比較的、大型犬に多い疾患だといわれています。股関節のくぼみが浅く変形した骨格股関節形成不全などが原因となり、成長に伴って痛みなどが自覚症状として表れるようになります。一方後天的な股関節脱臼は、骨盤を形成している股関節に交通事故や転落・強打など何らかの原因で大きな衝撃が加わることで、骨をつなぐ靭帯が切れて大腿骨が正常な位置から外れてしまい脱臼を起こしてしまいます。他にも、骨を作るホルモンや成長ホルモンの分泌障害、食事による栄養障害が原因となる場合があります。 脱臼をすると、腰を左右に動かして歩く・足を引きずって歩く・スキップ歩き・おすわりが上手にできないなどの様子が見られます。脱臼した足が内側に入り込んでしまう・あるいは足が外側へ向いてしまうなど、股関節脱臼は飼い主様が気付きやすい症状です。

【椎間板ヘルニア】
肥満・強い衝撃・老化現象などにより、椎間板が飛び出して脊髄の神経を圧迫して麻痺や痛みが起こる病気です。椎間板ヘルニアは、軟骨異栄養性犬種と呼ばれる犬種ミニチュア・ダックス・フンドやトイプードル、シーズー、ビーグル、コーギー、フレンチブルドッグ、ペキニーズに多く見られます。その他の犬種では、老化により多く見られるようになります。ふるえる・ふらつくといった症状のほか段差や運動を嫌がるようになり、痛みで背中を丸めたり抱っこや背中・首を触られるのを嫌がるような仕草で気づくことが多いといわれています。人間の椎間板ヘルニア以上に深刻で、早期に治療または手術が必要になります。

【大腿骨頭壊死(レッグ・ぺルテス病)】
太ももの骨の骨盤と連結している部分である大腿骨頭の血液が不足して、骨が壊死してしまう病気です。主な症状として、足を引きずる・足に力が入らない・跛行といった症状・股関節周囲の過敏症や食欲の低下などが見られます。治療が遅れると、歩行異常などの後遺症が残ってしまいます。症状としては跛行や足を引きずるほか、お尻や太もものあたりを触られるのを嫌がるようになります。進行するとかなりの痛みを伴います。多くは片足だけに起こりますが、両足に起こる場合もあります。ウェスト・ハイランド・ホワイト・テリアやトイ・プードルなどの小型犬によく発症します。レッグ・ペルテス病は、大腿骨頭への血行が阻害され、骨頭が壊死してしまう病気ですが、その原因は不明です。遺伝が関連している可能性もあります。早期発見早期治療が重要です。

【関節リウマチ】
関節に炎症を起こす、原因がはっきりしない厄介な病気です。関節リウマチは、おもに四肢の末端の関節に多く症状が見られます。起床時や休息後に関節のこわばりや痛み、関節に左右対称性の腫れなどが現れるほか、発熱や食欲の低下、足をひきずる・跛行などの症状が見られるようになります。関節リウマチは進行性の病気です。進行とともに関節の変形と骨の崩壊が進んで痛みが激しくなっていきます。患部やその周辺を触られることを嫌がり、歩行困難になります。ミニチュア・ダックス・フンド、トイプードル、シー・ズー、マルチーズ、シェトランド・シープドッグなどの小型犬でよく見られます。若年齢で発症すると進行が速く、関節の変形が起こりやすいといわれています。

【前十字靭帯断裂】
前十字靭帯断裂は、大腿骨(太ももの骨)と脛骨(すねの骨)をつなぐ前十字靭帯が切れてしまう病気です。発症すると、歩いている途中でキャンと鳴き後ろ足を上げる・後ろ足を上げたままになるなどの症状が見られます。慢性化したものでは、足を引きずる跛行や立ったり座ったりの動作がつらそうな様子も見られます。2〜3日で痛みは弱まりますが、ほっておくと二次的に関節炎を起こし歩行障害を起こします。事故や激しい運動などによって靭帯に負担がかかってしまうことが原因となります。また肥満や老化も要因になります。

【骨肉腫 骨のガン】
骨肉腫は四肢によく発症する病気です(あごの骨などに発症する場合もあります)。激しい痛みが生じて、骨が腫れる・足を引きずる跛行などの症状が現れます。骨肉腫は進行がとても速いうえに転移しやすい骨のガンです。予防は難しいため、早期発見・早期治療がとても重要になってきます。

1-2. おわりに

小型犬の足の痛みや腫れから考えられる病気はさまざまあり、中には早急に受診しなくてはいけない場合もあります。犬は痛くても我慢してしまう生き物です。日頃から愛犬をよく観察して、痛がる・足を引きずる・かばう・関節などが腫れるなど歩くしぐさや様子に少しでも異変が見られたときは、できるだけ早く動物病院の診察を受けましょう。飼い主様が早く気づいて行動してあげることがとても大事です。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。