1.犬のうんちが頻繁で止まらない。もしかして病気なの?

 

1-1.犬のうんちが頻繁に出る原因と症状

犬の排泄物の状況把握は、とても大切なことです。人間同様に健康のバロメーターとなります。犬のうんちの回数は、1日1回以上出ていれば通常問題はありません。しかしながら、中には一日に何度もうんちをするわんちゃんがいます。排便の回数は個体差があるので、一日何回も排便をする子もいます。大切なポイントは、「普段の排便の回数より多いか少ないか、便の状況はどうなのか」ということです。もし、いつもより排便の回数が多い場合は以下の原因が考えられます。

【大腸で下痢になっている。】

大腸性の下痢は、頻繁に少量ずつ出ます。またゼリーの様な粘液っぽい便も確認できます。時には出口の傍ですので、出血が見られることがあります。大腸性下痢の出血は、見た目は鮮血なので驚きますが、小腸性下痢に比べると大事に至ることはあまりありません。ちなみに小腸性の下痢は便の回数はあまり増えません。もし、整腸剤など飲んでも症状が改善されない場合は、動物病院でみてもらいましょう。

【ドッグフードの内容と消化率の問題(穀物など繊維質が多い場合)】

ドッグフードの内容物によっては便の回数や状況が変わってきます。ダイエットドッグフードや低カロリードッグフードはドッグフードの繊維量を多くして栄養の吸収を大幅にカットするものもあります。犬は繊維質の消化吸収がとても苦手です。なので、穀物など中心としたドッグフードの場合は必然的に排便の回数が増えてきます。

【食べ過ぎ・食事の回数】

人間同様、食事の量を食べ過ぎてしまうと、排便の回数は増えてきます。ドッグフードの1日の与える目安量はドッグフードによって違います。ドッグフードのパッケージ裏に1日の目安量が記載しておりますので、きちんと確認して愛犬に与えてください。食事の回数も同様にふえると、排便の回数も増えてきます。子犬は特に一日の食事を何度か小分けにして食べているので排便の回数が多い傾向にあります。

【うんちをすると飼い主がかまってくれると思い、排便を何度もするなど心理的原因】

愛犬がうんちをする度に、飼い主さんの方が何かしらのリアクションを知らない間にしていて、愛犬がそれを「かまってくれている」と勘違いを起こし、「ウンチをする→飼い主さんがかまってくれる→嬉しい→ウンチをする」という図式が勝手に出来てしまっているので、うんちを小出しにして一日に何度も排便をするという事もあります。

【運動量が多い場合】

犬は運動すればするほどウンチを出し切ろうとします。また運動量が多いと食べる量が増えたりもします。なので、運動量が多いわんちゃんは排便の回数が多い傾向があります。

【体質によるもの】

犬にも個体差があります。10匹いたら、10匹が同じわけではありません。排便の量や回数も、10匹いたとしたら10通りあるわけです。排便の回数が多くても、体重や筋肉状態が落ちずにしっかり維持されていて、健康状態も良好でしたら問題ないでしょう。心配な場合は、獣医師さんにいちど見てもらっても良いでしょう。

 

 

1-2.おわりに

今回は健康のバロメーターであるうんちについてでしたがいかがだったでしょうか?犬も人間同様、排便の回数は個体差があり、違ってきます。ですから、「普段と比べて、今日は排便回数が多いな、少ないな」など、普段と比べてどうなのかが大切となってきます。ウンチが頻繁に出てしまう場合は必ず何らかの原因があります。心配な場合はまずは獣医師さんにご相談することが一番です。愛犬の健康を守れるのは飼い主さんだけです。可愛い愛犬のために毎日の愛犬からの『健康お手紙=排便』をよく見て、体の様子を分かってあげましょう。

 

【関連記事】“逆の症状”の時はどうする?

犬のうんちがでないのは病気なの?原因と対策について

 

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。