1、食べなくなったらどう対処するか

1-1、犬にも性格や好みがある

犬は動物であり、性格や好みもあります。それ故に、このような行動をする、好き嫌いがあるなどのような感情的なものが必ず出てきます。ですから、それを踏まえて犬の生活をサポートするのが飼い主ですので、しっかりと考えて行動をしましょう。

1-2、犬がドッグフードを食べない理由

犬がドッグフードを食べない理由はいくつかあり、単純に美味しくない、自分の好みではないなどの感情によって食べないことが結構あります。他にもいろいろなことにより食べないことがありますが、今はそのことは説明していきません。
人間でも好き嫌いがあるように犬にも好き嫌いがあり、それがドッグフードを食べなくなった原因になっていることが多いです。特に子犬時などはそれが謙虚に出てくることが多く注意が必要です。それがあり、最初は普通に食べていたのに徐々に食べなくなるということがあるのです。もちろん、他の理由もあるかもしれませんがそれが原因のことがあります。ですから、飼い主としてサポートをするならば好みの味を与えるのが良いでしょう。しかし、これをしつけにより食べさせるということも出来ますので、どのように接するかを考えましょう。

1-3、しつけでドッグフードを食べさせる

犬がドッグフードを食べない原因が好き嫌いであるなら人間と同じように好き嫌いが無くすしつけをすればよいです。そうすることで食べるようにすることが出来ます。ですから、それをまずやってみるのが良いです。特に子犬はそのようなしつけが最低限必要になるでしょう。
ただし、しつけが本当に良いかを考えてするようにしてください。好き嫌いでも正しい考えでの嫌いというのがありますのでそれではないことを理解するようにしましょう。それを理解しないまま無理に食べさせることでストレス、またはドッグフードが問題で病気になるということもあります。ですから、そのような状態に注意してしつけをするようにしてください。

1-4、好きなものを食べさせる時の注意

しつけではなく、犬の好みを食べさせる場合に幾つか注意があります。まず、栄養価についてです。好きなものを与えるとなると多少なりとも栄養バランスが偏る場合があります。それをしてしまうと問題がありますので、栄養バランスをしっかりと考えて与えるようにしてください。出来るならその日その日で与えるものを変えることが良いかもしれません。
次に、好きなものが良くないものという状態です。犬にとって、そして身体の状態によって食べさせてはいけない、あるいは少量なら良いというものがあるでしょう。そのようなものを好きに食べさせるのは良くないので注意です。
そして、わがままになることがあります。好きなものを与えることにより、わがままになってしまいドッグフードをとっかえひっかえすることになります。そうなるとお金がかなりかかりますので注意です。しつけをある程度することも必要になるでしょう。

1-5、まとめ。

このお湯に犬がドッグフードを食べなくなった時の対処方法があります。もちろん、他にもいろいろと対処方法があります。とにかく、犬にとって良い行動をするようにしてください。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。