1.犬のうんちがでないのは病気?

 

1-1.犬のうんちが出ない原因

犬は人間と違って3、4日もうんちがでない事はありません。1日でない事はあっても2日以上出なかったら異常だと考えて下さい。もし、2日以上うんちが出ていないようなら以下のような事が原因かもしれません。

  • 腸の動きが悪い事による便秘
  • 便が固すぎて出せなくなっている
  • 異物が腸にあり便が通らない
  • 排便時の痛みがあって力めない
  • ストレスによって便秘になっている
  • 薬の副作用によって便秘を誘発している

 

1-2.犬のうんちが出ない時の対応策

こちらで愛犬のうんちが出ない時の対応策をお伝えしています。

・腸の動きが悪い事による便秘

腸の蠕動運動の動きが悪いために便を排出できないのです。繊維質の不足の他、低カリウム、低カルシウム血症、甲状腺機能低下症などによって蠕動運動が悪くなる事があります。特にシニア犬などは筋力不足になりやすく、症状が起きやすいです。

・便が固すぎて出せなくなっている

水分不足になると便が固くなってしまいます。適度に水分を摂っているか確認してあげましょう。特にドライフードをあげていると水分含有量が少ないために飲み水は必要です。あとは、骨などの消化されなかったものが固まっている可能性もあります。

・異物が腸にあり便が通らない

腫瘍やポリープ、会陰ヘルニア、前立腺ポリープなどが腸内に出来ているか、小さなおもちゃやボタンなどの誤飲により腸閉塞を起こしている可能性があります。腸閉塞を放っておくと最悪の場合は腸が壊死、敗れるなどが起きる可能性もあるので一刻も早く病院へ行くことが必要です。

・排便時の痛みがあって力めない

腸は正常に機能していて便は出そうなのに、力むと痛くて便が出せない状態です。この場合は力むときに痛くて声をあげてしまう子もいます。肛門周辺の傷や肛門嚢炎、腫瘍が考えられますが、足が痛いがために便をする時の姿勢が取れず便が出せないのかもしれません。

・ストレスによって便秘になっている

腸の蠕動運動はストレスによって簡単に動きを止めてしまいます。今までよりお留守番の時間が増えたりなどの愛犬にとってストレス原因がありませんか?トイレを失敗して起こった事があった場合に「うんちをする事」が怒られると勘違いしてしまう子も多いです。失敗した時は怒らずに何事もなかったように始末してあげましょう。

・薬の副作用によって便秘を誘発している

こちらは別の疾患で病院に通っている場合に処方されている薬(鎮静剤や利尿剤など複数)によって便秘になってしまっているケースです。当然、そのような薬の処方を病院にて注意されていると思いますが、聞き漏れている場合は病院に確認をしましょう。

 

1-3.まとめ

愛犬のうんちの回数や便の様子は毎日チェックしてあげることが便秘を早めに気が付いてあげる秘訣です。お腹を撫でてあげるコミュニケーションでも便が溜まっている子は下腹部が固くなる事があるので注意してあげましょう。

【続けて読みたい関連記事】→ 【意外と知らない!?】犬の便秘に効く食べ物は何が良い?

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。