kogatayasashiifood

 

1.小型犬用のお腹に優しいフードの選び方

小型犬はチワワやシーズーなどかわいい種類が多く大変人気が高いです。小型犬は消化器官が短いという性質上、お腹に優しいフードを選んであげないと嘔吐や下痢などの消化不良を引き起こしてしまいます。また、継続的に消化の悪い原料を食べ与え続けると慢性的な腎不全や心臓病などのリスクが高くなるので大変危険です。なのでフード選びは特に気にかけてあげる必要があります。

そこで、ここでは小型犬用にふさわしいおすすめの「フード選び」についてご紹介します。

 

1-1.悪いフードを選ばないために必要なこと

ドラッグストアやホームセンターなどに小型犬の犬種別でフードが並んでいるのをよく見かけると思います。あと通販でもおすすめと言って犬種別で専用のパッケージが販売されていたりします。大きな目が魅力だから目の健康サポートを、毛つやが魅力だから毛つやのサポート成分を、といった感じでフードの特徴を全面に出してすごく良さそうに見えますよね?でも、一度人間に置き換えて考えるとおかしいことに気付きます。

目が大きいから、髪の毛がキューティクルだからといって普段から栄養バランスを考えて食事をするでしょうか?もちろん目が悪かったり髪の毛が傷んでたりしていたら食事管理の見直しやサプリメントの服用などを考えるかもしれません。小型犬用のフードに関して言えば栄養バランスを考えて魅力的な部分を維持することがもっとも重要です。だから、普段からフードでワンちゃんの魅力を特別にサポートする必要性は全く感じられません。

 

1-2.小型犬に選ぶべきおすすめフードの選び方

最初にもお伝えしましたが小型犬は消化器官が短いという性質があります。その上、老廃物も溜まりやすい体質でもあるんですね。ですので、おすすめの選び方は必要な栄養源だけを摂取できる無駄のないフードを与えてあげることです。最近のフードは景気が悪いのが影響しているせいか安い原料を使って内容量を増量してコスト削減に注力するメーカーが多いようです。こういう粗悪なメーカーかどうかは原材料の表記を見ればすぐに見破ることができるので一度あなたの愛犬に食べ与えているフードを確認してみてください。

フードに下記の3つの原材料が使われていたら要注意です。

  1. 穀物(トウモロコシ、米、小麦、大麦など)。
  2. ミール
  3. 肉の明記が家畜類、等、ほかといった曖昧な表現

 

次はこれら3つの原料について順を追って説明していきます。

1,穀物について

穀物は犬の消化器官では十分に消化することが出来ないため各臓器に相当な負担が掛かって将来的に重い病気に掛かりやすい体質になってしまいます。穀物は格安フードに多用されている傾向があるので原材料表記をしっかり確認するようにしてください。

2,ミールについて

ミールは特にチキンに用いられる場合が多く、トサカ、くちばし、羽根、足等どこの部位が使われているかを特定することができません。もちろん人間が食べる物にミールが入っているのは完全にアウトです。でもなぜか犬用にはミールが入っていてもOKなんですね。こうしてみるとドッグフードの原料表示の基準はかなりあまいということが分かります。

3,家畜類、等、ほかといった曖昧な表現について

フードの原料はなるべく明確に書かれている事が望ましいです。先述した通りドッグフードの原材料の基準はあまいので曖昧な表現で書かれているということは何か後ろめたいものを使っている可能性がかなり高いです。

 

1-3.まとめ

悪いフードを選ばないために必要なこと、3つの要注意な原材料についてお伝えしました。お腹に優しいフード選びのコツは犬にとって必要な栄養素以外は入っていないことです。愛犬は家族と一緒で健康で長く暮らせるかどうかは全てあなたの食事管理に掛かっています。ぜひ今回の記事を参考にして健康的でお腹に優しいフードを選んであげてください。

 

【参考ページ】→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。