1. 犬の歯肉炎について

犬の歯肉炎、歯周病に悩まされている飼い主は多く、特に老犬になるにつれその数は増えていきます。人間と同じように、歯肉炎になっている犬は口臭がし、出血や歯のグラつきなどの不調から食欲の低下を引き起こすことにもなります。(【参考】小型犬が歯周病になったら抜歯すべき?他に方法はないの??

 

1-1. 歯肉炎にさせないようにすることがポイント

犬はこうした不調を言葉にして伝えることが出来ませんし、歯肉炎や歯周病が重症化してしまうと全身麻酔による抜歯が必要になり、犬の体に大きな負担をかけてしまいますしお金もかかります。こうした事態を防ぐためにも、歯肉炎についてきちんと学び、対応することが飼い主さんには求められてくるのです。毎日の歯磨きで歯肉炎などの口腔トラブルをきちんと予防し、早期発見に努めるようにしていかなければなりません。

1-2. 歯肉炎とは?

まず、歯肉炎について学びましょう。口の中には、口腔内を保護したり湿潤を保つための「菌膜」があります。この菌膜に、時間がたつにつれて細菌成分が加わるようになり、これがどんどん増殖することによって「歯垢」となります。この歯垢は歯磨きすることによって容易に落とすことが出来ますが、歯と歯茎の間にある「歯周ポケット」という隙間に食べカスが溜まってしまった場合は除去することが難しく、徐々に「毒素」を放出するようになってきます。この毒素と、毒素を排除しようとする「免疫細胞」の攻撃の両方が歯肉組織を破壊し、炎症が進んでいくことを「歯肉炎」というのです。

歯周ポケットは、歯磨きや歯石除去を怠るとどんどん深くなっていき、汚れがたまりやすくなってしまいますので、きちんと毎日の歯磨きや歯石除去を行うことで「歯肉を健康な状態」にしてあげなければならないという訳なのです。

 

1-3.日々の歯磨きを大切に

飼い主さんは、出来るだけ毎日愛犬の歯磨きをするように心がけましょう。歯磨きガムや、歯磨き用のおもちゃを使ってもかまいません。自宅で出来る歯石除去専用の道具もありますが、不安な場合は獣医師にお任せするようにしてください。歯石除去は素人ではなかなか完全には取りきれませんし、市販のハンドスケーラーは歯肉を傷付けてしまう恐れもあります。定期的に口腔内をチェックし、あれ?思ったら早めにかかりつけの獣医師の診察を受けるようにしましょう。

 

1-4. まとめ・・・

以上「犬の歯肉炎治療はどうすれば?原因と対策について」というテーマでお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか?歯のトラブルは歯だけでなく体全体のトラブルに繋がることもあり、放置しておくのは危険です。普段からの飼い主さんのまめなケアが、ワンちゃんの健康トラブルを回避するための大切なポイントとなってきます。基本的にはご自宅でケア出来るのが一番の対処となりますが、症状の進行状況によっては、ご自宅で除去しきれない場合もありますので、その場合はかかりつけの獣医師さんに相談し、適切なケアをお願いするようにしてください。

歯肉炎トラブルは早め早めの対策がカギとなります。ワンちゃんの健康を守っていけるよう、飼い主さんも日頃から目を光らせておいてくださいね。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。