1.股関節が弱い小型犬のためのフローリング対策

1-1.犬とフローリングの問題点

犬にとってフローリングのような滑るところはあまり良くないです。特に股関節が弱い小型犬の場合は少し大変ですので注意です。というのも、歩くときや走る時にフローリングだとかなり滑ります。爪に引っ掛けてもかなり滑り犬にとってはかなり足などに負担を欠けるようになりますので注意が必要です。
転けたり、爪を痛めたりすることがありますので、ある程度の対策をおすすめします。特に室内犬ですと結構注意していないといけないので対策をしましょう。

1-2.フローリングにおける対策

フローリングが滑るので問題があります。ですから、対策としてはカーペットなどのすべり止めとなるものを設置することで解決することが出来ます。ただし、爪が引っかかる場合がありますので選択には注意しましょう。
良いものとしては畳などです。これならしっかりとすべり止めをすることが出来ます。そして、かなりオススメなのがタイル敷きマットです。一つ一つタイルになっている場合が良いです。汚れたらその部分だけを取り替えることで解決出来る場合がありますので、犬を飼っている人にはとてもおすすめのものです。ただし、きちんと計算して設置しないといけないので注意です。
これらの対策をすることで解決するのですが、しっかりと掃除などをしないとダニの問題が出てくるので注意です。犬のために生活できる環境をしっかりとして問題ないようにしましょう。そうすれば、犬も安心できます。

1-3.フローリングは取り付けないべきか

犬のためにフローリングは取り付けないべきという意見もありますが、フローリングが使えないとなると、使える建材に大きな制限が付くので、余り現実的な選択とはいえません。フローリングを使いつつ、犬も快適な生活を送るためには、使用する建材の選択が非常に重要となります。
フローリングの素材には色々な種類がありますが、タモや栗といった、一般的なフローリングでは余り使われない素材を使うことで、グリップを強め、適度な固さのフローリングを作ることが出来ます。
はじめから犬と暮らすことを想定して、犬と人が快適に暮らせる素材を使うという愛犬家は多く、費用はかかりますが、犬と人が暮らしやすい、理想的な住宅を建てることが可能です。

1-4.まとめ

フローリングがある住宅が一般的になったことで、犬にとっては足腰に負担がかかる生活を強いられることになりましたが、犬と人が満足できる住居にすることは不可能ではありません。
滑り止めマットや滑り止め剤を使う簡単な方法でも、十分足腰の負担を抑えることができますし、フローリングの素材を変えるという大胆な方法も存在します。
ダニが増えるなどの問題は、ペットがいる以上必ず起きることで、毎日こまめに掃除をする習慣をつければ、特に問題が無いばかりでなく、より綺麗な住居で暮らすことが出来るという利点にもつながります。
犬を気遣って生活するだけでなく、自分たちも快適に暮らすことが出来る方法を考えて、お互いが満足できる住居作りを目指しましょう。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。