1.愛犬の便がコロコロしている場合

1-1.便の様子で適量な食事量がわかる?

愛犬の健康確認をするのに便はとても重要な事です。でもそれ以外に便は毎日の食事管理のチェックをするためにも重要な役割を果たすのです。
黄土色から焦げ茶色のかりんとう状の便が一番良い便です。そして手で掴める固さです。
ご飯を与えすぎの場合は、消化不良を起こし、軟便になる事がほとんどです。
反対にご飯が少なすぎる場合はコロコロとした便になる事があります。
また、便秘気味、食物繊維の摂りすぎもコロコロとした便が出る事があります。

1-2.コロコロした便の原因と対策

こちらで、コロコロした便が出た時の原因と対策をお伝えしていきます。

食事量が少ない

食事の絶対量が少ないために体内で、吸収しすぎしまい水分量の少ないコロコロとした便になってしまうのです。パッケージに書かれた給餌量の目安を基に、運動の多い子は増やしてあげても問題ありません。この場合はその子にあった適量の給餌量を与えれば問題ありません。ドライフードは水分含有量も少ないために、いつでも飲める清潔な水を用意してあげる事も必要です。

便秘

便秘は全くでない場合だけではありません。便秘が原因でコロコロとした固い便しか出ない事もあります。この場合は水分量を増やしてあげて便秘の理由を改善してあげましょう。
便秘の主な理由は、ストレス、運動不足などから起こります。腸の蠕動運動はストレスや運動不足で弱くなる事がありますので、腸を活性化するためにもストレスを排除し、運動不足を改善しましょう。多少の食物繊維も腸の動きを良くします。さつまいもやかぼちゃなど犬に与えてもいい食物繊維豊富な食事を少量与えましょう。反対に与えすぎは更に便秘を招いてしまうので注意が必要です。

食物繊維のとりすぎ

食物繊維は腸の掃除をする役割を持っています。なので食物繊維の基になる炭水化物は犬にとって必要です。ですが、食物繊維は消化されません。消化されないので腹持ちもよく、繊維質が腸へ運ばれた時に腸内の便を絡めとりながら進むので腸の掃除をしてくれるのですが、消化されない分、多く与えてしまうと腸の中で固まってしまって便として排出出来なくなる場合もあります。腸内に長時間留まることから便の水分を体が吸収してしまい、水分量の少ないコロコロした便となってしまうのです。日ごろから炭水化物の与えすぎはないか、気を付けてあげましょう。

1-3.まとめ

このように便がコロコロしている場合は、飼い主さんが食生活を見直してあげるだけで改善できるものがほとんどです。食事の給餌量、水分量、食物繊維の量をその子にあった適量を与える必要があります。そして食事面だけではなくストレスの改善や運動量の調整などを行ってあげて下さいね。

【関連記事】→ 同じフードの長期使用は危険!?「餌の見直し」してますか?

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。