1.黄色い便とワンちゃんの健康状態について考える

犬の便は、犬の健康にとても深く関係しています。特に見た目にわかりやすい「便の色」は犬の健康状態を把握することができます。そこで今回は「犬が黄色い便をした場合」について特にご紹介します。

1-1.犬にとって「健康な便」とはどんな便?

犬の健康な便を下記にまとめました。

  • 細長くてコロンとしており、いくつかにまとまっている。
  • 見た感じ適当な水分を含んでいる。
  • 色は濃い目の黄土色(ただし、食べているドッグフードによって色には差があります。)
  • つまんでも崩れない硬さである。
  • 未消化のものや異物は混ざっていない。

1-2.犬の便が黄色くなるのはどんな時?

では「犬の便の色が黄色くなる場合」は犬に何が起きているのでしょう?犬の便が黄色くなる原因は、小腸で十分に消化吸収が行われずに急速な通過が起こっていることが考えられます。ウンチの硬さも少し緩くペースト状で色が薄い場合は、正常な便の色をつける胆汁が不足している証拠でもあります。ただし、便の色は「何を食べたか」によって変わりやすいものなので、まずは食べ物を確認することが良いでしょう。
特にフードの種類を変えた時はその原料を見ることが大切です。

 

また、敏感な犬の場合はフードを変えただけで少し消化が悪くなる場合もあるので、フードは少しずつ様子を見ながら変えていくことが理想的です。日に日に便の状態が悪くなるようなら獣医師の先生に診てもらう必要がありますが、中には少しずつ色がもとに戻る場合もあります。犬の便の色については、食べたものを確認し、数日様子を見ることも大切です。

 

1-3.犬の便の変化について注意すること

犬の便を観察する場合、特に注意しなければならない変化をいくつか紹介します。

・便に何か混ざっている

食べ物ではない異物を食べてしまった場合、消化できないものは便に混ざって出てきます。中にはお腹の中の寄生虫が出てくる場合もあります。その場合、白いぶつぶつしたものや細長い虫であることが多いです。

・便に膜がかかっている

柔らかいウンチが続くと、腸炎になる場合があります。便にかかっている膜は粘膜で、便が柔らかいといつもよりも腸が働きすぎてしまい、その結果腸粘膜がはがれて便について出てくることがあります。便に膜がついている時は腸で消化しやすいものなどを与え、腸を休ませてあげることも大切です。あまりにも続くようなら動物病院で診てもらいましょう。

・便に血が混ざっている

便に血が混ざる場合、消化器系のどこかで出血が起こっていることになります。血の色が鮮やかな赤である場合は、便が出る直前の腸での出血が考えられ、黒っぽい血の場合は胃や小腸での出血であることが考えられます。そのまま出血が続くと貧血になる場合もあるため、早めに獣医師の先生に診てもらう必要があります。

・いつもより柔らかい

便がいつもより柔らかくなる時は注意が必要です。腸内に細菌やウィルスが増殖している可能性、感染症を起こしている可能性、水分の取りすぎや、フードを変えたことによるアレルギー性の腸炎を起こしている可能性も考えられます。また、ストレスなどの精神的なことから便が柔らかくなることもあります。原因はいくつも考えられますが、便が柔らかい状態が続くことで下痢になり、脱水症状などの症状に広がっていく恐れがあるので、獣医師の先生に早めに原因を突き止めてもらうことが重要です。

1-4.まとめ

以上のように、犬の便からは様々な健康状態や精神状態を把握することができます。便の色だけでなく、その硬さや混合物にまで気をつけ、愛犬の健康管理に役立てていきましょう。

 

【関連記事】犬がゼリー状の血便を出しても焦らないで!原因と対策まとめ。

犬がゼリー状の血便を出しても焦らないで!原因と対策まとめ。

 

 

 

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。