sanpo.img

1.犬の体重管理はどのようにすれば成功するか

1-1.ダイエットについて

ダイエットとはその生物が適切な重さ、大きさになるための方法です。その過程は様々あり、基本的な方法としては運動、食事の制限、健康管理などのようなことをすることでダイエットを成功させることが出来るかもしれません。

1-2.犬が痩せない

犬の体重管理は非常に重要なところです。基本的に生物において基準となる体重があり、犬もまた犬種によって大体このくらいが健康的な体重というのがあります。それを超えてしまうと場合によっては体調不良や病気になることがあるので、しっかりと管理をする必要があるでしょう。
それで本題として、飼っている犬によって痩せないという場合があります。その場合はどうして痩せないかを考えてみるようにしてください。その原因によっては対策をしないから体重が変わらない、あるいは増えることがありますので注意しましょう。

1-3.体重が減らない原因

人間もそうですが、体重を減らせない原因というのが必ずあります。ですから、それを見極めることがダイエットの基本です。犬の場合で原因となるのは、

1つ目食事が原因、2つ目運動量の原因、3つ目病気が原因。このような原因で発生していることがありますので注意です。
1つ目の原因ですが、主にドッグフードが悪いやどこかで決められた量以上に食べているなどの理由があります。特に注意して欲しいのが後者のほうで、拾い食いあるいはおやつの与え過ぎだから太っているという場合がありますので注意です。

2つ目の原因は、散歩が十分な距離歩けていないというのがあります。基本的に運動については散歩で解決することが出来ます。故に、散歩不足により解決ができていないということがあります。また、散歩不足によりストレスになることもありますので注意しましょう。

3つ目の原因ですが、病気が原因で痩せないということがあります。甲状腺機能低下症というのがあり、これが原因で代謝機能が悪くなり、なんとなく動きたくないという状態になります。代謝が落ちることで痩せにくくなってしまうことがあります。

1-4.痩せるための対策について

まず、痩せるためには目標を設定することです。これは人間も同じでこれを設定することで、前に進めることが出来るようになります。次に、食事量の改善をしましょう。あまり減らしすぎず、且つしっかりと栄養を獲得できるようにしましょう。また、与える工夫をすることでもダイエットになることもあります。そしてダイエットをするなら散歩をすることです。十分な散歩をしてカロリーを減らしていけば痩せることが出来るかもしれません。
ただし、問題点の解決をしないと何をやっても痩せることが出来ないという点に注意です。上記の原因はしっかりと解消するようにしましょう。それと無理なダイエット、怪しい薬などのダイエット方法をするのは避けてください。それが原因でリバウンドや最悪犬の体調を悪くして死に繋がることがありますので注意しましょう。

1-5.まとめ。

体重管理を見直すことでどこが現意であるかを理解して適切なダイエットの方法をするようにしましょう。特に健康的なダイエットを心がけてください。

【関連記事】

脚が悪い愛犬のダイエット方法はドッグフード選びが決め手に!?

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。