1.犬の給水器の交換頻度はどのくらいか、飲み方の注意点

 

1-1.水の劣化について

水がありますが、これは冷やすことである程度保たせることが出来ますが、それ以外は基本的に劣化していきます。特に、単純に水だけを置いているとだんだん悪くなりますし、蒸発していきますので注意しましょう。
ですから、ある程度の状態を維持する場合はしっかりと水の交換をするようにしてください。特に夏場などは注意が必要になりますので、給水などに使っている水があるなら頻繁に交換をするようにしましょう。

1-2.犬の給水の交換について

犬も人間と同じように水分補給をしないと生きていけない生物となります。ですから、ある程度の頻度で水を飲みます。給水タイミングは人間と同様人それぞれ、犬それぞれとなりますので、欲しそうな場合はどこかに水があるようにしましょう。
それで給水する水の交換ですが、基本的には1日1度は交換をした方が良いです。気温や湿度によっては頻度を増やす必要があります。あまりずっと同じ水にしているととても良くなく、場合によっては犬のお腹にダメージを与える場合もあります。
また、給水する水の入れ物は清潔にしておくようにしましょう。そこからバイキンが入って良くない状態になる場合がありますので注意です。それと、飲ませ方に注意しましょう。市販されているものが幾つかありますが、その中で犬が上向きに飲むようなもので飲ませていると胃拡張などの病気になることがありますので注意しましょう。それを避けるためにも位置などに注意して設置をするようにして給水をしてください。

1-3.給水器の寿命

給水器に入った水が劣化するのと同じく、長年使い続けた給水器もいずれ壊れてしまいます。ろ過フィルターが付いているタイプの給水器は、給水器自体は壊れなくても、ろ過フィルターに汚れが溜まって、まったく水がろ過されないばかりか、逆に水が汚くなる恐れがあります。
大事に使っていれば、給水器はそれほどすぐには壊れませんが、フィルターなどの交換が必要なパーツを使用しているのであれば、きちんと定期的にパーツ交換を行うようにしましょう。
交換頻度などは取扱説明書に記載されていることが多いので、そちらを参考にするか、自分で給水気をお手入れする際に、汚れなどが溜まっていないか直接確認してみてください。

1-4.まとめ

人間もそうであるように、犬にとっても水分補給は非常に重要です。汚い水を飲めばそれだけ身体に負担がかかり、病気にも罹りやすくなってしまいます。少しでも健康的な生活を送ってもらうためにも、給水器周りのお手入れはしっかり行うようにしましょう。
水の交換をこまめに行うのは当然として、使った給水器は定期的にお掃除して、汚れがたまらないように気を付けたり、フィルターなどの交換が必要なパーツがあるときは、きちんと決められた期間に沿って交換作業を行ってください。
給水器の取り付け位置の調整も、胃拡張などの犬に起こりやすいトラブルを防ぐ上で非常に重要なので、上向きになるなど、体調不良の原因になる飲み方をしているように見えたときは、給水器の位置を見直して、負担がかからない水の飲み方が出来るようにサポートしてあげてください。

【関連記事】

犬が水を飲んでは吐くの繰り返し。病院に行くのが良い?

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。