1.アレルギー持ちの愛犬へのおやつ選びは原材料の確認を

あなたはどのようなタイミングで愛犬におやつを与えていますか?しつけの時のほめるタイミングの時に?それとも、コミュニケーションをとるときに?または愛犬の小腹がすいてそうな時を見計らって?愛犬におやつを与えるタイミングはそれぞれかと思います。また、おやつにも様々な種類がありますよね?ペットショップに行くと本当に多種多様でどんなものを選んでよいか悩んでしまうくらいたくさんあります。

 

どんなものであれ、おやつは犬にとっての大好物。今はパッケージなどもかわいらしく、オシャレなものもあり、つい、パッケージばかりに目が行ってしまい、原材料なども見ずに購入してしまうこともあると思いますが、せっかくなら、愛犬の健康も考えられているおやつを選んであげたいものですよね?特にアレルギーを持っているわんちゃんは、原材料は健康を左右する重大なものですので、どのようなおやつを選ぶかは大切です。

 

1-1.アレルギーを持っている子のおやつの選び方

アレルギーを持っている子は特に、普段口にする食べ物は本当に気を使いますよね?とくに、ドライフードやおやつに関してはなおさらだと思います。やはり、品質・原材料・主原料をよくみるでしょうし、アレルギーの原因の1つとしてあがる合成着色料や保存料などの合成添加物の有無などは心配ですよね。特に合成添加物は体内に蓄積され、これがアレルゲンとなってしまうので、やはり“無添加なおやつ”がよいでしょう。

 

アレルギーの子専用のおやつを見てみると、低カロリーで肥満になりにくく、低アレルゲン、腸内環境を良くする、無添加、アレルゲン除去のおやつなど、様々なものが販売されております。このようなものを選んであげるのもよいでしょうし、思い切って手作りのおやつにするのもよいでしょう。オーブンなどあれば、手作りのおやつは手軽にできます。しかも意外と材料費もかからずできますので、一度トライしてみるのも良いでしょう。

 

手作りのおやつは食材選びも愛犬のアレルゲンを知っていれば、それを外して作れますし、なんと言っても無添加ですし、安全です。天然の甘みや香りが愛犬の食欲をそそりますし、アレルギーを引き起こすリスクも軽減されますので安心です。

 

 

1-2.手作りもOK、難しければ専用のおやつを購入する

アレルギーを持っている子はおやつ選びも慎重にしないといけませんね。フードやおやつに含まれる合成添加物はアレルギーを引き起こすアレルゲンとなり体内に蓄積されるのでやはり口にするものは、おやつを含め、すべて無添加のものがよいですし、究極論を言えば、おやつも普段食べる食事も愛犬の安心・安全を考えるなら、飼い主さん自身が食材から選んで手作りで与えるのが一番良い方法だと思います。

 

しかし、なかなか手作りとなるとある程度の知識も必要ですし、時間もかかりますので、難しいこともあると思います。難しいと感じる場合は、アレルギー専用のわんちゃんの為のおやつも販売しておりますので、アレルギー専用わんちゃんの為のおやつをご購入するのも良いでしょう。

 

1-3.おわりに

以上、「アレルギー持ちの犬のおやつは添加物無しの物を選ぶべき?」というテーマでお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか?ワンちゃんの健康管理は飼い主さんお対殺な役割の一つ。長く健康的に過ごしていくためににも、おやつ大好きなわんちゃんたちの為にぜひ、おいしい無添加のおやつを与えてあげてくださいね。

 

【関連記事】→ 安心してワンちゃんに食べさせれる無添加ドッグフード選びで大切なこと

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。