1.犬の簡単な手作りごはん

犬のごはんを手作りしている飼い主さんは多いようです。もちろんドッグフードだけでも十分栄養は補えるのですが、手作りごはんのほうが体に合う、食欲が安定するわんちゃんもいますし、基本的に犬用ごはんには味付けは不要のため、意外と簡単に作ることが出来てしまうのです。犬用ごはんを作る際は、中毒症状を起こす食材を使わないように気をつけ、その子に合った形態のものを食べさせてあげてください。

1-1.犬の手作りごはんは味付け不要!素材の味で十分おいしく

普段ドッグフードを与えている飼い主さんが「犬のごはんを手作りする」と聞くと身構えてしまうかもしれませんが、そんなに難しいことはありません。例えば、自分たちが食べる料理を味付けする前の段階で取り出し、犬用にしてしまうなんてことも出来るのです。また、最近は「生食が犬に良い」とうことで、生の肉を食べさせる飼い主さんも増えています。本来犬はオオカミを祖先に持つ肉食の動物ですから、生の肉を食べさせるということはもともとの食性に近いので問題はありません。それでも初めて生の肉を食べさせるときは少し抵抗があるでしょうから、さっと湯通ししてから食べさせてみるというのもいいでしょう。

1-2.トッピングも検討しよう。

手作りごはんだけでは栄養のバランスが心配だという場合は、小量の肉や茹でた野菜をドッグフードの上にトッピングしてあげてください。こうすることでドッグフードからしっかり栄養を補えますし、初めて野菜や肉を食べる子を慣れさせるという意味でも有効です。

豆腐やおからは便秘気味のわんちゃんのお通じを良くする効果がありますし、キャベツは犬の体との相性が良いとされています。にんじんは生のままでも大丈夫なので、スティック状のものをおやつ感覚で与えてみるのもよいでしょう。

1-3.まとめ・・・

このように、犬のための手作りごはんは食材本来の味を活かすことが最も良いとされていますから、ご自宅のわんちゃんに少しずつ手作りのごはんやおやつを食べさせてあげると良いと思います。ですが、特定の食材にアレルギー反応を示す子も中にはいますから、どんなものでもまずは小量から様子を見ながら食べさせるようにしてください。アレルギー反応といいましても、数時間経たないと異変が現れない場合も多々ありますから、しっかり様子観察するようにしましょう。
また、食べ物の中には「犬に与えてはいけないもの」が多々あります。有名なところでは、ネギ類や葡萄などが挙げられますが、まだまだ一般的には知られていない中毒症状を起こさせる食材も存在しますから、そうした知識をきちんと頭に入れてから手作りごはんに挑戦するようにしてください。
手作りごはんには犬のアトピーを軽減させたり便通を落ち着かせたりと様々な利点がありますが、なんでもかんでも与えていいという訳ではありませんから、飼い主さんはそのことも理解しておく必要があるのです。まずは少しの量から試していき、愛犬の嗜好をつかんでみることから始めましょう。

【関連記事】→ 犬のアレルギー対策に手作りごはん!先に獣医に相談すべき?

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。