mizuwonomu

1.犬にミネラルウォーターを与えるとどうなる?

1-1.ミネラルウォーターは与えても大丈夫?

当然犬にとってもミネラルの適量の摂取は生きていくうえで必要な栄養素です。ただ、犬はミネラル(カルシウム・マグネシウム)の過剰摂取により尿結石になりやすいと言われています。そしてカルシウムの過剰摂取は子犬や大型犬で骨の病気の原因となる事が指摘されているのです。

 

ミネラルウォーターの中でも硬水はミネラルが豊富なために、結晶・結石になりやすい子には与えない方がいいと言われています。ただ、ミネラルウォーターが犬の結石を引き起こすという裏付けはされていません。犬がミネラルの過剰摂取で尿結石になりやすいことから、ミネラルウォーターはよくないだろうと噂が回っているようです。ただ、水道水が気になるという方はミネラル分の少ないミネラルウォーターを与える分には全く問題はないと言えるでしょう。

 

1-2.水道水とミネラルウォーターを比べると?

人間にとっても犬にとっても、生き物にとって水は必要不可欠なものです。毎日口にする飲み水は水道水よりもミネラルウォーターの方がいいのでは?と思ってミネラルウォーターを与えている飼い主さんもいらっしゃると思います。ですが、犬にとってミネラルウォーターはあまり健康にはよくないと言われています。日本の水道水は世界に比べてとても上質なものになっています。世界でも水道水がそのまま飲める国というのは多くありません。

 

ただ、水道水が怖いという意見に残留塩素があります。当然、地下水や河川水を浄水処理するためには殺菌消毒の必要があります。そして、飲み続けると肝臓や腎臓に障害を引き起こすなどという噂もあるほどです。ですが、このような危険な水を家庭に送り出す事はありえません。

 

反対にミネラルウォーターはどうでしょうか。ミネラルウォーターというのは実は水道水よりも安全基準値が低いのです。例えば東京水道水の基準は50項目ありますが、ミネラルウォーターは18項目しかありません。ミネラルウォーターは硬水と軟水がありますが、硬水には多くのミネラルが含まれています。

 

1-3.犬と飲み水

水道水は人間が80年飲んでも害のないものですから、犬が飲んでも問題ありません。水道水でもミネラルウォーターでも害が出たという話は都市伝説レベルなのです。ただ、尿結石を患っている子に関してはミネラルの過剰摂取は問題です。食事療法もしなくてはいけませんので、獣医師と相談を行ってください。

 

あとは、水をどうするか、というより飲み水の与え方が一番重要だと思われます。新鮮な水をたっぷりといつでも飲めるように用意してあげて下さい。少しでも汚れたら新しい水を入れてあげて、愛犬が汚れた水を飲むことにならないようにしてあげて下さい。お皿タイプはよだれや食べかすが入りやすいのですぐ汚れます。お皿タイプではなく、ケージに取り付ける対応の給水器を使っている場合は、お水の入れ替えを忘れてしまう事が多くあります。毎日、水を取り替えてあげる事の方が重要です。

 

1-4.まとめ

犬にとって、どの水がいい、悪いというものはあまり考えられません。お金のかからない水道水でも問題ありません。愛犬には毎日新鮮なお水を与えてあげて下さい。

 

【関連記事】→ 愛犬の元気や食欲は無いけど水をよく飲むのは腎臓の病気かも!

 

 

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。