1.犬にマッサージ

愛犬へのマッサージはよく行っていますか?実はマッサージは愛犬とのコミュニケーションになるだけではなく病気の早期発見に繋がるものなんです。

1-1.愛犬へのマッサージ

体を触った時に、嫌がったり痛がったりするときには何かしらの体の不調がある証拠です。普段あまりマッサージをしない飼い主さんはこれを機にマッサージを日課にしませんか?
耳や口周り、首やお腹、脚の付け根から足先まで体をマッサージしてあげましょう。普段から撫でられることに慣れていて飼い主さんの手が好きな犬は力を抜いて好きにマッサージさせてくれることでしょう。もし、大人しくマッサージをさせてくれない犬は散歩のあとなど疲れ切っている時にマッサージする事から始めましょう。そして徐々に元気な時でも飼い主さんに身を任してくれるように知る事がベストです。
この事は例えば具合が悪そうなのに、またはケガをしているようなのに飼い主さんに触られることがあまり好きではない犬は動き回り余計に悪化させてしまいます。普段から飼い主さんにマッサージされたら大人しくなるように小さい時から訓練しておくととても便利です。飼い主さんが膝を延ばして座り、その脚の上に頭を飼い主さんのお腹に向けて犬を仰向けに寝かせます。このポーズをしたら何をしても飼い主さんに勝てないと思わせる事が出来ればマッサージも楽になります。飼い主さんが手を放しても仰向けのまま犬が動かなくなれば問題ありません。もし動くようなら手を抑え動けないようにします。慣れていない犬は暴れるかもしれませんが、暴れなくなるまで手を抑え、手を放しても動かなければ様子をみて「ヨシ」といって解放してあげましょう。この時は犬が暴れたついでに「ヨシ」というのは間違いです。暴れたから解放して貰えたと勘違いしてしまうからです。手を放した途端に逃げ出した犬は再び同じ姿勢を取らせじっと大人しくさせます。このポーズが上手に出来るようになれば、そのポーズになったら飼い主さんが「ヨシ」というまでは動いてはいけないと思うようになるので、歯磨きやマッサージ、犬の体の様子をみる事がとても楽になるのです。

1-2.まとめ

耳のマッサージで嫌がったら外耳炎かもしれませんし、お腹のマッサージを嫌がったら、デキモノや乳腺の腫れ、内臓などが痛いのかもしれません。そしてシコリなども早期発見に繋がります。特に犬は首が凝る動物ともいわれます。首回りや脚の屈伸運動など人間のマッサージ師のようなプロの技入りません。愛情もってマッサージをしてあげる事で、愛犬は飼い主さんとのコミュニケーションが取れて身も心も満足できるのだと思います。
病気の早期発見にもなるマッサージを常日頃からしてあげて体調変化に気が付いてあげて下さいね。

【関連記事】

犬の腰痛対策は?マッサージ?普段のおやつ・ごはん選びが大切?

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。