1.餌を残す原因について、解決方法はどのようにすればよいか

1-1.犬の食欲不振の原因について

犬が餌を残す理由としては以下のことがあります。身体の調子が悪い、病気により食欲不振が発生、その餌を食べたくない、お腹が減っていない、餌よりも気になることがあるといった原因があります。
最も注意しないといけないのが身体の調子が悪いや病気からなる食欲不振です。身体の調子が悪いというのは気分が悪いなどもあり、食べるのが億劫という状態で少し経てば治る場合もあります。そして病気は様々ありますが、病気により食べられないという状態です。どちらも、状態によってはかなり深刻な場合がありますので、医師に相談して調べてもらうのが良いです。特にそれが原因でそのまま食べなくなり死に至るということもありますので注意です。あとは、病気の早期発見により対処できる場合もありますので、しっかりと確認するようにしてください。
そしてその餌を食べたくないという場合は、餌が気に食わない、使っている素材に良くないものがあると本能的に避けているなどの原因があります。その場合は、餌を変えることで食べることがあります。ただし、単純なわがままという場合もありますので注意です。
お腹が減っていないは人でも食べたくないでしょう。ですから、ある程度時間を置いて食べさせると食べることがあります。ただし、最初の病気や具合が悪いからという場合もありますので注意です。
最後に餌以外に気になるものがあるという場合、結構多いのが好みの子(犬)が居てその犬のことを思って食べないということがあります。簡単に言えば恋わずらいです。

1-2.食事内容を見直す

犬が餌を残す要因はいくつかありますが、どの理由でも餌を変えることで解決することは多いです。
病気によって餌を受け付けなくなったときは、医師の相談を受けた上で、そんな状態でも食べてくれる餌を紹介してくれることもあるので、そちらを参考にして餌の種類を変えてみましょう。
単純に好みが合わないという場合は、好みの餌に変えてしまうのも一つの手ですが、そうした犬主体で行動し続けてしまうと、犬が人との上下関係を誤解してしまうこともあるので、わがままは基本的には応じないで、お腹が空いてくるのを待つようにしたほうが、今後のためになることも多いです。
普段食べている食事を受け付けないときは、病気などの可能性もありえます。数日間様子を見て変化が見られないときは、病院で検査を受けてもらったほうが安心です。

【参考記事】

同じフードの長期使用は危険!?「餌の見直し」してますか?

 

 

1-3.まとめ

犬が食事を急に食べなくなるケースは非常に多く、原因もはじめははっきりしないので、どう対処すればよいのか分からないという方も多いようです。体調不良が原因の場合、食事を食べなくなったことで、病気の早期発見につながるケースもあるので、急に食事を食べなくなったときなどは、病院にいったほうが安心です。
また食事を食べなくなる前後に、普段より良い食事をとらせるなどの前兆が見られたときは、何日か様子を見てみることも大切です。食事を食べなくなったからと、あわてずに時間が経つことを待つことで、問題が解決することも珍しくありません。
犬の食事の様子は毎日細かくチェックして、今後も安心して暮らせるよう支援してあげましょう。

【関連記事】

犬が偏食で食べない!食いつきが良く栄養豊富なご飯をあげるには?

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。