1.食べさせてはいけないドッグフードについて

愛犬のドッグフー選びで悩んだことはありませんか?巷には実に様々なドッグフードが存在していますが、種類がありすぎてどれを選んでいいのかわからない・・・そんな声が聞かれます。
知識がないと、どうしても価格や内容量で選んでしまいがちですが、じつは犬に食べさせてはいけないドッグフード、避けるべきドッグフードというものも存在していますので、正しく判断してほしいところ。基本的な知識があればドッグフード選びで失敗することはありませんし、それが結果的には愛犬の健康維持にも繋がっていくのです。

 

1-1.食べさせてはいけないか?は成分表を確認しよう

では、選んではいけないドッグフードとは具体的にどんなものなのでしょうか?まず、パッケージ裏面の成分表を確認してみてください。この部分の表記が曖昧なのは避けるべきですし、この部分に「穀物(小麦、とうもろこしなど)」の記載があるものはNGです。穀物が含まれているものは選ばないように心がけてください。なぜ穀物がいけないのかといいますと、犬はもともと肉食の生き物であり、本来穀物を摂取する必要はありません。その体の構造も穀物を消化、吸収できるような作りにはなっていませんので、穀物を取り続けることは犬の体に大きな負担を与え、健康を害する原因にもなってしまうのです。飼い主の多くが悩まされている犬の涙やけやアトピーなどの皮膚トラブル、その他様々な病気のリスクを高めることにもなりますから、穀物が含まれているドッグフードは避けるようにしましょう。

(【参考記事】→ 【注意】犬に穀物や炭水化物を過剰摂取させるとどうなるの?

 

1-2.ドッグフードを選ぶならグレインフリーのものを

選ぶなら、穀物不使用のグレインフリーのもの、また、人工添加物や香料、着色料などを使用していない安全なものをチョイスすることが望ましいといえます。そうした品質の良いドッグフードは海外産に多いですので、一度専用のサイトをチェックしてみてはいかがでしょうか?たかがドッグフード、されどドッグフードです。愛犬の健康管理の基本は食事からといっても過言ではありません。正しい知識を持って失敗のないドッグフード選びが出来るようにしましょう。

 

1-3.まとめ

巷に豊富に存在するドッグフード。一体どれをえらんだらいいの?と悩んでしまうこともあるのではないでしょうか?犬の食事、ドッグフード選びは愛犬の健康維持の為に非常に重要なポイントです。正しいドッグフード選びをしていきましょう。一番気をつけてほしいのが、「穀物が含まれているかどうか」というところ。穀物は犬の体に大きな負担を与え、摂り続けることで涙やけやアトピーなどの皮膚トラブル、様々な病気を引き起こす原因となってしまいますので避けるように心がけて下さい。

穀物不使用のグレインフリーのもの、人工添加物や香料、着色料が使われていないものがもっとも安心、安全なドッグフードといえますから、失敗のないドッグフードを選ぶようにしてください。海外産ドッグフードにはこうした品質の良いものがたくさんありますから、一度専用のサイトを覗いてみることもおススメですよ。

【合わせて読みたい関連記事】→ ドッグフードの選び方って?おススメは穀物不使用のもの!

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。