5DFYZQDDQ7

 

1.犬の水分補給に飲ませても良い飲み物は?

犬にとって水分補給はとても重要です。愛犬は、飼い主様が用意してあげないと自分で水を飲むことができません。

日ごろから、飲みたいときにいつでも飲めるようにこまめに新鮮な水を準備しておいてあげましょう。

皆様は愛犬にどんな飲み物をあげていますか?ほとんどの方は「水道水」をあげていると思います。私たち人間の飲み物は嬉しいことにいろいろな種類がありますよね。「愛犬にいつも水をあげているけど、ほかに飲ませても良い飲み物があるかしら?」という飼い主様のために、犬に飲ませても良い飲み物について調べてみました。

 

1-1.犬に飲ませても良い飲み物があります

4a3243e8c9adc986fa32653591318a4b

【水道水】

【麦茶】

【ミネラルウォーター(軟水)】

【ハーブティ】

※ミントティー・カモミールティー・ローズヒップティーなど、それぞれの効果が期待できます。

【ルイボスティー】

※抗酸化作用→アレルギーへの効果があるといわれています。

【たんぽぽ茶】

※利尿作用・肝機能の働きを高めてくれます。

 

麦茶には、結石の原因となるシュウ酸・最悪の場合死に至ってしまうカフェインやカテキン・タンニンが含まれていませんので、犬に与えても問題ありません。

また麦茶には「胃粘膜を守ってくれる・体の熱を冷ましてくれる」などの効能があり、犬にとっても同じ効能があるといわれています。

ですが日常的に与えるのはやめておきましょう。飲ませることで健康になるというよりは、あくまでも水分補給という意味で与えてあげてください。とくに夏バテや熱中症になりやすいこれからの時期は、水を飲んでくれない場合にかわりに麦茶を飲ませるという方法があります。

麦茶の「体の熱を冷ましてくれる」という効能も期待できます。メーカーによりミネラルなどの添加物が含まれている麦茶もありますので、購入されるときはパッケージの原材料表示を確認して選んでくださいね。

(【参考】→ 犬にミネラルウォーターを与えてはいけない理由って?

 

麦茶・ミネラルウォーター(軟水)・ハーブティ・ルイボスティー・たんぽぽ茶は犬に飲ませても問題のない飲み物ですが、どれもあえて与える必要はない飲み物です。

犬にとって一番良い飲み物は水道水だと思います。水道水が心配な場合は、カルキ抜きをした湯冷ましを作って与えてあげると良いでしょう。浄水器や備長炭を活用されるのも良いですね。人間が飲んでもおいしいお水になりますよ。

 

1-2.犬に与えてはいけない飲み物と健康被害について

champagner-toasting-new-year-s-eve-drink

 

犬に与えてはいけない飲み物ってあるのでしょうか?もちろんあります。今回は犬に与えてはいけない飲み物とそれらを摂取したときに起こる健康被害についてお伝えしていきたいと思います。

①アルコール

人間でもアルコールの摂取には注意が必要と言われていますが、犬にとってはアルコールは絶対与えてはいけない飲み物の1つにあげられます。犬の体はアルコールの分解ができないので、急性アルコール中毒となり嘔吐をはじめ、呼吸困難や痙攣などを引き起こす可能性があります。

②カフェインが含まれている飲み物

紅茶や緑茶などのお茶やコーヒーはカフェインが含まれています。このカフェインは犬にとって、身近なものです。というのも、飼い主さんがよく飲むものだからです。ですからつい与えてしまったという飼い主さんもいるとおもいますが、絶対にやめてください。カフェイン中毒になり、嘔吐をはじめ痙攣や不整脈を起こしてしまうわんちゃんもいます。ですから、カフェインの含まれているお茶類は犬に与えないように気を付をつけてください。

③ジュース

ジュースをつい与えてしまったという飼い主さんはいらっしゃると思いますが、ジュースには糖分が多く含まれていますので、犬にとって肥満の素です。ですから、糖分の多ジュースは犬に与えないようにしましょう。

④お味噌汁

昔はごはんにお味噌汁をかけた食事など犬に与えていたと言われていますが、このお味噌汁はとても塩分が多く含まれています。犬が欲しがるから・・などの理由でつい与えてしまう飼い主さんもいらっしゃるようですが、この、大量な塩分は、心臓への負担をかけたり、高血圧になってしまいますので与えないようにしましょう。

⑤ココア、チョコレート飲料

ココアやチョコレートに含まれている成分は犬にとって毒となってしまいます。嘔吐や下痢の症状が出て、大変な状態になるわんちゃんもいますのでココアやチョコレート飲料を与えるのは絶対厳禁です。酷くなると死に至る場合もあるそうです。

⑥牛乳

意外ですが、牛乳はお腹を壊してしまう子がいますので与えないようにしましょう。中には大丈夫な子がいますが、犬の体質により駄目な場合がありますので、できれば、ペットショップなどで販売されている犬用のミルクを与える方が無難です。

 

1-2. 愛犬の水分補給は重要です!

これからの時期、気をつけたいのが毎日の散歩やお出掛けの際の水分補給です。暑い時期は犬にとってかなり水分消耗が激しくなりますので、いつも飲ませている水道水をボトルに入れるなど準備してから出発してくださいね。

水分補給はこまめに行いましょう。間違えても「ちょっとだけなら良いかな」と、ご自分が飲んでいるジュースやコーヒーなどは与えないでください。

犬は、飼い主様が与えてくれるものなら何でも喜んで飲んでしまいます。あとあと愛犬に苦しく辛い思いをさせないためにも、水道水しか与えないと決めて飲み水を管理するよう習慣をつけましょう。

 

夏は水分補給がとても重要です。人間は食事からある程度の水分を摂ることができますが、犬の場合ドッグフードから摂れる水分はほとんどありません。ドッグフードの水分含有率は10%程度です。

これではまったく水分が足りていませんので、いつもよりもこまめに水分補給してあげるよう心がけてあげてください。

 

1-3. おわりに

水分補給は重要ですが、飲みすぎはよくありません。お腹をこわしてしまう原因になりますので、愛犬の様子を見ながら適切に与えてあげてくださいね。

お茶など、ついつい夏場、散歩の時に与えてしまっていたとか、ジュースを喜んで飲むので飲ませてしまっていたなどという方もいらっしゃったかと思いますが、愛犬の健康被害を考え、是非やめるようにしてください。

少しだけ・・のつもりが一大事になってしまっては元も子もありません。犬に与えてはいけない食べ物や飲み物を知ることは一緒に暮らすわんちゃんの健康を考えてあげるのでしたらとても大切なことです。

人間には問題がなくても、犬にとっては健康を害してしまう飲み物がたくさん存在します。

あまり冒険をせずに、確実に安全だと分かっている水道水を愛犬に与えてあげましょう。基本的に犬には水道水を与えてあげるのがベストです。

この記事が少しでもお役に立てていただけたら嬉しく思います。

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。