1.犬の後ろ足が脱臼!どのような病気が考えられる?

1-1. 犬の後ろ足が脱臼する主な病気「膝蓋骨脱臼(パテラ)」と「股関節脱臼」。

「いつも元気よくジャンプをしていた愛犬がジャンプをしなくなった」「ソファやベッドにうまく乗れなくなってしまった」そんなことがあると、飼い主様としては心配ですよね。犬がジャンプをしない原因としてまず考えられるのは、後ろ足の脱臼です。 脱臼は犬によくみられる病気ですが、その中でも多くみられるのが後ろ足を脱臼する膝蓋骨脱臼(パテラ)と股関節脱臼です。

【膝蓋骨脱臼】
犬の膝蓋骨脱臼は、後ろ足の膝蓋骨(ひざの関節のお皿)が正常な位置から外れてしまう状態のことをいいます。また脱臼を繰り返すことで、膝に進行的な関節炎を起こしてしまいます。 パテラになる原因には、先天性のものと後天性のものがあります。とくに遺伝的な骨格の構造から、チワワ・ヨークシャーテリア・マルチーズ・トイプードルなど小型犬に多い病気です。先天性の脱臼は、生まれつきの膝関節のまわりの筋肉や骨・靭帯の発育形成異常や発育異常などが原因となります。後天性の脱臼では、交通事故や打撲・落下・衝突・転倒・急な方向転換また生活環境などが原因となります。症状のグレードは4段階あり、初期は無症状の場合が多く進行すると痛みから触ると嫌がったり跛行が多くなります。再脱臼が起こりやすい関節であることと肥満や加齢で症状が悪化する可能性があることから、早い段階で内科的治療または外科的治療(手術)の必要性の有無を検討するのが良いといわれています。内科的治療には、理学療法(半導体レーザー治療)・鎮痛剤の投与やサプリメント・体重制限・運動制限などがあります。  

【股関節脱臼】
犬の股関節脱臼は遺伝的によるものと後天的なものがあります。遺伝的な股関節脱臼は比較的、大型犬に多い疾患だといわれています。股関節のくぼみが浅く変形した骨格股関節形成不全などが原因となり、成長に伴って痛みなどが自覚症状として現れるようになります。一方後天的な股関節脱臼は、骨盤を形成している股関節に交通事故や転落・強打など何らかの原因で大きな衝撃が加わることで、骨をつなぐ靭帯が切れて大腿骨が正常な位置から外れてしまい脱臼を起こしてしまいます。他にも、骨を作るホルモンや成長ホルモンの分泌障害、食事による栄養障害が原因となる場合があります。 脱臼をすると、腰を左右に動かして歩く・足を引きずって歩く・スキップ歩き・おすわりが上手にできないなどの様子が見られます。脱臼した足が内側に入り込んでしまう・あるいは足が外側へ向いてしまうなど、股関節脱臼は飼い主様が気付きやすい症状です。股関節脱臼の主な治療は、皮膚の上から股関節を元の場所に戻す整復を行い包帯で固定する方法(痛みを伴うため全身麻酔下にて行います)と、外科手術する方法の2種類があります。骨折をしていない場合は、整復を行います。この場合、2〜3日ご家庭で安静にしていれば回復します。再び股関節脱臼した場合は同じく整復を行い、足を動かさないように固定して前回以上に安静にします。しかし、整復では元に戻せない・何回も繰り返す・骨折を伴っている・時間が経過している脱臼の場合などは、直接股関節を固定をする外科手術をすることになりま

1-2. 日ごろから愛犬の関節に負担をかけない環境づくりを心がけてあげましょう。

大きな事故やケガがなくても、肥満や足腰に負担がかかるような環境(段差の上り下り・ジャンプ・フローリングですべってしまう)など、徐々に愛犬を脱臼しやすい骨格構造にしてしまう要因が日常にはたくさんあります。飼い主様と愛犬にとって楽しいお散歩・運動・遊びの時間も、犬の脱臼につながる可能性があるということを覚えておかなくてはいけません。愛犬が「フローリングの床にカーペットやマットなどを敷いてあげる」「ソファーやベッドへジャンプさせないようにスロープや段差の低いステップ台を置く」「滑らないように、足裏の毛を定期的にカットする」など、愛犬の関節に負担のかからない環境づくりをしてあげてください。また、肥満は脱臼を引き起こす大きな原因になります。バランスのとれた食事管理と適度な運動を日頃から心がけましょう。飼い主様のちょっとした工夫で愛犬の体への負担を軽減してあげられます。犬も人間と同じく、歳とともに筋肉の衰えや骨の変形が起こり靭帯も弱くなってきます。愛犬がシニアになってからではなく、快適に過ごすための生活環境は若いうちから整えてあげて体をいたわってあげてください。

1-3. まとめ

犬は我慢してしまう生き物ですから、日にちが経つと飼い主様が治ったと勘違いをされることがあるようです。治療しないでそのままにしておくと関節が変形してさらに日常生活を送ることが困難になります。痛みから気性が荒くなったり、元気や食欲が低下する子もいます。犬の脱臼の治療はその場で治療できるケースから、全身麻酔が必要なもの、外科手術を行わなければいけないものまであります。素人判断をされず、治療に関しては獣医師にお任せしましょう。愛犬がいつもと違う様子だということに気づかれたら、安心されるためにも早めに診察を受けてください。症状を悪化させないためにも日々愛犬の様子をよく観察して、痛みや辛さにできるだけ早く気づいてあげるようにしたいですね。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。