maeashi

1. 犬が前足を痛がるのは脱臼?

1-1.犬が前足を痛がる病気って?

犬が前足を痛がるとき考えられる病気がいくつかあります。前足をくまなく触っても痛がらないようなら、骨折や脱臼の心配はまずないでしょう。どこかに前足をぶつけたのかもしれませんし、傷つけているかもしれません。また、犬には生後6か月ごろから成長痛がみられるようになります。犬は人間の数倍のスピードで成長するため、急成長期の子犬〜若犬には比較的よくあらわれる症状で珍しいことではありません。いずれにせよ痛みに我慢強い犬が痛がるというのは、よほどのことではないかと思われます。病院へ行くまでは安静を心がけてあげましょう。一日様子を見ても変わらないようでしたら、できるだけ早く動物病院で診察を受けてください。

1-2.前足を痛がる原因とは?

脱臼をはじめ、犬が前足を痛がるさまざまな原因をまとめました。

【足の皮膚・足裏などのケガ】

異物がささっていないか、肉球や爪・指と指の間などよく見てあげてください。他にも、お散歩中に雑草のノギと呼ばれる麦の穂のようなトゲトゲした実が尖端から犬の皮膚を突き破り、皮膚の下へ潜り込んで化膿するというケースがあるようです。スキンシップタイムにもなりますし、毎日愛犬の体をくまなくチェックする習慣をつけると良いでしょう。

【肩関節の脱臼】

肩関節の脱臼は、比較的少ない脱臼です。高い場所からの着地や急な方向転換など、腕のつけ根に大きな力が加わったときに発症します。ひじを曲げたまま固定し、前足が地面につかないようひょこひょこと歩きます。また、腕の骨の先端が十分に発育しないという小型犬に多くみられる先天的な病気でもあります。その場合は早い時期から発症することもあり、前足を引きずるような症状がみられます。肩関節の脱臼の主な治療は、まず肩関節を元の場所に戻す整復を行います。再脱臼が起こりやすい関節でもあるため、外科手術による整復固定をする場合もあります。

【肘関節の脱臼】

肘関節の脱臼は、転倒や事故など外傷によるものが主な原因です。とくに多いのが、肘を伸ばした状態で転倒することによる脱臼です。また肘を曲げていても、ねじり圧力が加わることで外れてしまいます。ひじを曲げたまま固定し、痛みで足を地面につかなくなります。外傷以外の原因として、骨の異常な発育によって引き起こされる先天的な肘関節異常が挙げられます。小型犬種に発生することが多く、生後4〜5か月頃から症状があらわれ年齢とともに重度になるケースが多く見られます。肘関節の脱臼の主な治療は、まず肘関節を元の場所に戻す整復を行います。再脱臼が起こりやすい関節でもあるため、外科手術による整復固定をする場合もあります。

【手根関節の脱臼】

落下やジャンプ・急な方向転換などに伴って起こる靭帯損傷や、糖尿病などの内科疾患も原因になります。ひじを曲げたまま固定し、痛みで足を地面につかなくなります。体重をかけると足が異常な角度に曲がります。 手根関節の脱臼の主な治療は、まず手根関節を元の場所に戻す整復を行います。再脱臼が起こりやすい関節でもあるため、外科手術による整復固定をする場合もあります。

【骨肉腫 骨のガン】

骨肉腫は四肢によく発症します(あごの骨などにも発症することがあります)。激しい痛みが生じて、骨が腫れる・足を引きずる跛行などの症状が現れます。骨肉腫は進行がとても速いうえに転移しやすい骨のガンです。予防は難しいため、早期発見・早期治療がとても重要になってきます。

【骨折】

交通事故のほかにも過度な運動による疲労骨折や、高い所から落下したりジャンプしたときなど日常にも骨折をする原因があります。骨折が起こると、骨折した骨のまわりが熱を持ち腫れてとても痛がります。骨折した部位や程度により症状は異なります。折れた足をかばうように上げて歩いたり足の向きや形がおかしくなることもあります。できるだけ安静にして無理に動かさず、獣医師の指示に従ってください。

1-3.おわりに

犬の前足の痛みから考えられる病気は脱臼をはじめ、他にも関節炎・捻挫・靭帯を痛めているなどさまざまな原因が考えられます。ちょっとしたケガから緊急を要するものまでありますので、ご自身で判断をされず動物病院で受診されることをおすすめします。日頃から愛犬をよく観察して、飼い主様が早く気づいて行動してあげることがとても大事です。

 

【参考記事】

関節に良いドッグフードの選び方で大切なことは?

 

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。