taberu

1-1.犬の消化時間

口から入った食べ物は胃で「胃液」による消化液で程度まで消化され、その後十二指腸で「胆汁」という消化液でさらに小さな分子にされ、小腸で栄養を吸収します。その後、大腸で余分な水分を吸収します。
通常の場合、犬の散歩は食後2時間ほどは行かない方がいいと言われますがその理由は食後2時間ほどはまだ胃の中で胃液による消化を行っているためです。胃に食べ物が残っている状態で興奮したり激しい運動をすると胃捻転が起こる可能性が高いのです。

犬は人間よりも腸が短く食べてから便として排出されるまでの時間も短く成犬で8時間から10時間ほどと言われています。ただ、子犬は消化機能が未発達ため食後40分から2時間ほどで排出されますし、老犬の場合は消化機能が衰えてくるために消化に時間が掛かり更には消化不良を起こしやすく時間が掛かります。

1-2.消化を考えたごはんの回数

子犬や老犬は消化器官が弱い事が多いため食事の回数を増やした方が消化器官に負担がかかりません。少量を数回に分けてあげるのです。
特に子犬は食べてからすぐに便として排出されてしまい栄養の吸収力がとても弱いです。ですから1日3回から4回と食事の回数を増やさなければ十分な栄養の吸収が出来ません。老犬の場合は運動量も落ちて寝る事も多くなりますので食事の量自体を減らしていく必要があります。そして消化器官の機能も落ちますので消化にいいものを1日3回から4回に分けてあげる事が消化のためには望ましいです。成犬の場合は1日2回程度のご飯の回数で問題ありません。成犬になっても小分けにしてご飯をあげていると胃腸は常に動きっぱなしになってしまい余計に疲れがたまってしまいます。胃腸がずっと動き続けると言うのは消化不良の原因にもなりやすいです。胃腸が休める時間を作る事も犬の消化を考える上でとても大事な事です。

1-3.時間配分も考える

ここで重要なのはご飯の時間です。犬はお腹が空きすぎていても言葉で伝える事が出来ません。
もし愛犬が黄色い泡状の液体や白い泡状の液体を吐いた場合は空腹の時間が長すぎる可能性があります。胃の中が空っぽの時間が長いと胃や十二指腸は早く栄養を吸収しようとして胃液や胆汁を出します。ただ消化するものがないためにが胃液や胆汁が逆流して吐いてしまっているのです。

1-4.まとめ

特に夜ご飯から朝ごはんの間が長くなりがちですが、朝ごはんから夜ご飯、夜ご飯から朝ごはんの時間のバランスを考えて愛犬の消化のためにバランスよく食事の時間を決めてあげましょう。

【参考記事】

愛犬の症状に合わせよう!【ジャンル別】おすすめドッグフード記事 一覧

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。