1.犬にたまねぎは駄目。じゃあ、りんごはどうなの?

1-1.犬にリンゴ、大丈夫なの?

結論から言います。

大丈夫です。

りんごにはペクチンという成分が含まれていて、この成分がおなかの中で乳酸菌の餌になり、善玉菌を増やしてくれます。
また、食物繊維も豊富に含まれています。食物繊維は糖質や脂質の吸収を抑制し、かつ食物繊維そのものが便のかさを増やし腸内をキレイに掃除してくれるので、いいこと尽くめなのです。

犬は人間よりもたんぱく質の量が多めの食事をしています。
たんぱく質が多めだと腸内では悪玉菌が増えやすいので、りんごをはじめとした善玉菌を増やしてくれるような食べ物を与えてやることは健康の為にも良いことです。

1-2.与えても大丈夫だけど…

基本的には大丈夫なのですが、果肉以外の部分は与えないようにしてください。
特に種に含まれているアミグダリンという成分はあまり体によくありませんので、種の部分は除いて与えること。
人間が普段食べている部分だけを与えるようにすれば問題はありません。
大型犬だから、とか、欲しがるから、と、りんごを丸ごと与えることだけは避けてください。うっかり毒性の強い部分を食べてしまう可能性が高いです。
また、リンゴには糖分がたくさん含まれていますので、食べさせた後は歯磨きなどをして虫歯予防に努めましょう。

アレルギーもあります。主な症状はかゆみ、下痢、嘔吐などです。
その為、初めて与える時にはほんの少しだけにして、様子を見ながら少しずつ量を増やすなどしてみてください。

1-3.こんな風にあげると良い

アレルギーの可能性を考え、最初は少しだけ。
最大量は20gとしてください。おなかが強い子なら皮ごと、おなかが弱い子なら皮をむいてあげるか、すりおろしてあげると良いかもしれません。

りんごは人間も病気のときなどに食べたりするように、栄養価が比較的高い果物です。
それに甘いので、犬も喜んで食べるでしょう。
ちょっとしたごほうび代わりにもなるかもしれませんね。

1-4.おわりに

りんごはおなかの弱い子にもお勧めできる食材です。
我が家で飼っていた黒ラブは特別おなかが弱い子でしたが、長年りんごを食べ続けて元気に過ごしていました。
体調が悪くて少し食欲が落ちているときでも、りんごならば食べてくれるかもしれません。
勿論与え過ぎは禁物ですが、適量であれば犬の体にも良いと思いますので、日々の食事に是非取り入れてみてください。

【関連記事】

犬にあげていい果物とは?また危険な果物はあるのか?

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。