1、犬が食欲不振になってしまったら

1−1犬の食欲低下のきっかけは様々。慌てず原因を探りましょう

最近愛犬の食欲が落ちた、食いつきが悪くなったようなきがする・・・心配ですよね。以前と比べ、犬に対する関わり方が国内、国外共に密になってきている傾向にあります。ペットとしてではなく、大切な家族の一員として愛情を注いでいれば、こうした変化にはやはり動揺してしまいますし戸惑うものです。ですが、そんな時は出来るだけ慌てず騒がず、冷静に状況を確認してください。そうすることで適切な対応が出来るでしょう。

まず、食欲不振に陥ってしまったきっかけとして、可能性として考えられるのが「ドッグフードの切り替え」です。今までと違ったドッグフードにしたりしませんでしたか?犬はとても繊細で敏感な生き物ですから、今まで食べていたものから急に違うものに切り替えることで食べなくなってしまうことが多々あります。もしもドッグフードを変更する場合、少しずつ以前のものに混ぜるようにして慣らしてあげるようにしてください。
また、運動量が少なすぎても食欲に影響がでます。散歩は十分連れていってあげていますか?適度に遊んであげていますか?こうしたことも含めて考えてみてください。ストレスが溜まることでも食欲が低下することがあります。

そうでない場合は、何か病気のサインである可能性があります。食欲不振と同時に嘔吐、下痢、歩行困難などの症状はないでしょうか。犬はちょっとしたことでもよく吐くものですが、もしも嘔吐が続き、それと同時に元気がなくなったり食欲が戻らない場合はかかりつけの獣医師さんに相談するようにしてください。何か病気が潜んでいる場合はそこで適切な処置を受けるようにしましょう。早期発見、早期治療に努めてください。

このように、愛犬の食欲不振には様々な可能性が潜んでいます。いずれも、普段から十分にスキンシップを図り、その子のことをしっかり把握していれば正しい対応に結びつくことが出来ますので、普段の接し方がいかに重要かということが伺えるののではないでしょうか。

1−2まとめ・・・

愛犬が食欲不振に・・・これは心配ですよね。家族として大切に接しているからこそ、こうした不調が見られると飼い主さんは動揺してしまうものでしょう。ですが、ここで慌ててはいけません。きちんと普段の様子と照らし合わせ、その食欲不振の原因を探りましょう。
可能性として考えられるのが、まず、「急なドッグフードの変更」や「運動不足」「ストレス」などの病的なものではないケース。それらが当てはまらず、なおかつ、嘔吐や下痢、歩行困難などの症状も同時に見られる場合は何か病気が潜んでいる可能性が高いですので、かかりつけの獣医師さんに診てもらうようにしてください。いずれも、普段からきちんとスキンシップがとれており、愛犬のことが把握できていれば適切に対応することが出来ることでしょう。冷静な対応と迅速な行動は、どれだけ普段から愛犬と密に接しているかにかかっているとも言えるかもしれませんね。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。