1、子犬の食べないはどこかに問題がある

1-1、犬がドッグフードを食べない原因について

ドッグフードを食べないと悩んでいる人が多くいるでしょう。それには幾つかの理由があります。その理由を解決することでドッグフードを普通に食べることが出来るようになるでしょう。特に、子犬の場合は問題を解決しないと食べないということもありますので原因を突き止めるようにしてください。

1-2、子犬のドッグフードを食べない原因

子犬がドッグフードを食べない原因が幾つかあります。その原因についてしっかりと考えるようにしましょう。結構多いのが食べないことで他のものがくると思っている場合です。愛犬を可愛がる上で、ドッグフードを食べないと他のものをあげていないでしょうか。これをしてしまうと食べない=他の美味しいものがくると思ってしまい食べないという状態になるので注意です。ですから、出来る限りドッグフード以外を与えないのが良いのです。
ドッグフードが原因のこともあります。ドッグフードが子犬にとって口に合わないという場合があり、それで食べない場合があります。無理に与えるのは良くないので注意しましょう。また、ドッグフードに危険なものが入っており、食べないという場合もあります。ドッグフードを食べると気分が悪くなったり、体調を崩したりする場合これの可能性があります。これらのようなドッグフードが問題の場合はドッグフードを変更することで食べるようになるでしょう。そのためにも、子犬の状態をしっかりと確認するようにしてください。

1-3、病気による食べない状態

上記のような場合の「食べない」がありますが、もちろん他の原因、特に病気に関する問題で食べない場合があります。具合が悪いから食べられないということがあり、普通の餌ではダメと言う場合があります。ですからその場合は、病気を治しつつ子犬が食べやすいものを与えるのが良いでしょう。回復していけば普通のドッグフードを食べることが出来るようになるでしょう。
ちなみに、病気の場合は早期発見、早期治療が原則です。おかしな行動、特に吐くや便が柔らかい、具合が悪そうな症状がみられたら獣医に相談をするようにしましょう。下手にそれで無理やり餌を与えても悪化することになりますので注意しましょう。

1-4、自宅で出来る対策と予防

自宅で出来る対策としては、基本的に問題の無いようにしましょう。というのも、ドッグフードの問題や生活環境が悪くなると子犬の体調を悪くする原因になりますので注意です。ですから、ドッグフードの選択や生活環境を良くすることが大事でしょう。そうすることで病気などの予防をすることも出来ます。特に、犬に変なものを与えないようにする、しつけをしっかりとするのが重要ですのでがんばってください。

1-5、まとめ。

子犬が餌を食べないは何かしらの理由があります。人も何かしらの理由により行動をしないということが多いでしょう。ですから、その原因を理解して解決して餌を元気に食べられるようにしてください。

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。