1.犬のアレルギー症状の種類とメカニズムについて

1-1.アレルギーの種類について

人間同様、犬にもアレルギー症状がでることがあります。犬のアレルギー症状でよくみられるのは以下のものと言われています。

【アレルギー性皮膚炎・アトピー性皮膚炎・膿皮症】

初期の症状は、紅斑、発疹、脱毛などと一緒に痒みが出てきます。かゆみを我慢できない犬は、痒い所を掻いたり、噛んでしまったり、舐めたりします。そこからドンドンと悪化していき、細菌感染などを起こすこともありますので、早めに気が付いてあげることが大切です。
(【参考】犬のアレルギー性皮膚炎は治る?ドッグフードも変えるべき?

【食物アレルギー】

通常、犬の食物アレルギーのアレルゲンとなるものは、ドッグフードの原材料や主原料の小麦、トウモロコシ、大豆、卵、乳製品、鶏肉、牛肉、また人工的な合成化合物、添加物が一般的ですが、ハウスダストや、カビ、花粉などの生活環境要因や遺伝などもアレルゲンとなりうるので、動物病院で心配な場合はアレルギー検査をしてみることをおすすめします。検査をすることで、アレルゲンがわかりますので、アレルゲンを除去していく生活をしていけば症状が緩和していきます。
(【参考】犬の食物アレルギーが気になる!おすすめのドッグフードは?

【ノミアレルギー】

おもにノミが寄生しやすい腰から尾っぽの付け根あたりに赤い発疹や紅斑が出て、犬はとても痒がります。また一晩中眠れないくらい強い痒みの場合もあります。このため、ずっと掻いてしまい、噛んだり、舐めたり、皮膚を傷つけてしまうこともあります。そこから細菌感染など起こり膿皮症を起こしてしまったり、脱毛してしまったりすることがあります。

【接触性アレルギー】

アレルゲンに触ってしまうことでアレルギーの症状が出ます。金属部分や革製品の首輪などで紅斑、じんましん、湿疹などの症状が出てしまいます。

【その他アレルギー・吸引アレルギー】

ダニ、蚊、ゴキブリ、カビ、牧草、雑草、樹木、花粉など、自然界の植物や季節によってアレルギー症状がでてしまうこともあります。また生活環境の変化やストレスによっても症状が出ることがあります。おもに皮膚症状に加え、咳やくしゃみ、目やにや鼻水、呼吸器疾患などの症状がでます。

1-2.アレルギーのメカニズム

人間と同じように動物の体にも体内に侵入した異物を取り除くために免疫システムが備わっています。しかしながら、この免疫システムが過剰に反応してしまい体に症状として出てしまうのがアレルギーという事になります。アレルギーの原因としては、様々ありますが、やはり、免疫低下することでアレルギーの症状が起こりやすくなるといわれています。

1-3.おわりに

犬のアレルギー症状も人間同様、一度なるとつらい症状に悩まされますよね。日頃から注意をしたくても、なかなかアレルギーの原因になるアレルゲンがわからなければ予防するのも難しくなります。動物病院に行った際、アレルギーの心配などがある場合は、獣医さんにご相談して一度検査をしてみるのも良いかと思います。愛犬の日ごろの観察は本当に大切です。おうちで遊んでいる時、お散歩から帰ってきたとき、お風呂に入ったとき、普段のグルーミングをしている時・・。色々なタイミングで愛犬のボディーチェックをして健康を気遣い、体調管理をしてあげれば、些細な変化も見逃さずにいることができると思いますので、ぜひ愛犬のために日頃からボディーチェックを行ってあげてください。

【関連記事】

アレルギー用のドッグフードを選ぶ際の3つのポイントとは?

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。