1.ウェルシュコーギーの身体を守るには?

ころっとした身体に短い足特徴のなんともかわいい姿のウェルシュコーギー。大人しそうに見える犬ですが、運動量が多く、活発な犬種です。ケアしていきたいポイントは、ウェルシュコーギー特有の長い胴体を支える足と腰の健康維持です。また、太りやすい犬種なので、基本的な体重の維持、下部尿路の健康維持にも気を付けてあげましょう。

さて、ここでは、そんなウィルシュコーギーの体を考えた時におすすめのドッグフードについてお伝えしていきます。

 

1-1.そもそも何をもって良いドッグフードなのか?

基本的に良いドッグフードと言うのは、その犬にとって適切であり、最適な栄養を獲得することが出来るのが良いドッグフードです。特に犬の特性で強化が必要なところはドッグフードで強化できるのが良いでしょう。あとは、犬との相性によって良し悪しが出てきますので、よく考えてドッグフードの選択をするようにしてください。

(【参考】→ 安心して食べることができるドッグフードの選び方とは?

 

1-2.ウェルシュコーギーに良いドッグフードとは?

ウェルシュコーギーですが、病気や身体に大きな負担を与えて身体を壊す場合が多いです。それ故に、大変ですが可愛いので飼いたいという人が多いでしょう。そんな人はしっかりとドッグフードの選択をするようにしてください。ドッグフードにとってはウェルシュコーギーの身体を丈夫にさせる栄養を与えることが出来るものがあります。それをうまく使えばかなり問題を予防することが出来ます。もちろん、ドッグフードだけでなく他のこともしっかりと対処しないといけまえんが、やはり食べ物から備えることで丈夫なコーギーにすることが出来るでしょう。
ドッグフードによっては栄養バランスや犬種によって丈夫にしないといけないところをサポートしないといけないところをサポート出来るドッグフードがありますので、それをうまく使うようにしてください。特にコーギーは脚や腰が弱いため注意していないと痛めて大変良くない状態になることがあります。ですから、それを避けるためにも対策として良いドッグフードを選びましょう。

 

 

1-3.カナガンがウェルシュコーギーにおすすめの理由

カナガンというドッグフードがありますが、これは多くの犬種に良いドッグフードと言われています。そしてウェルシュコーギーもまたおすすめのドッグフードになっています。その理由はこのようになっています。

 

<理由1>

1つ目に栄養バランスが良いことです。これは他の犬種でも言えることですが、栄養バランスの良さにより健康的な犬にすることができるので良いとされています。特に肉がしっかりとしており、犬もしっかりと食べてくれるところが良いです。

 

<理由2>

2つ目に病気になるような原材料を使用しないことです。ウェルシュコーギーでも様々な病気になることがあります。そういった病気の問題となる原材料をできるだけ使わないで製造されています。

 

<理由3>

3つ目ある意味でこれがウェルシュコーギーにおすすめの理由と言っても良いのが腰に良いドッグフードであることです。カナガンにはグルコサミンやコンドロイチン、サーモンオイルと言ったものを使用しています。その中でグルコサミンやコンドロイチンは、腰にダメージを出来るだけ与えないようにするために入っているものです。これがあることで関節関係のサポート効果を獲得することでき、かなり負担を減らすことが出来ます。ただし、完全に負担がなくなるわけではないので注意です。
このような理由からウェルシュコーギーにカナガンをおすすめする理由となりますのでよく考えて与えるようにしてください。

 

1-4.まとめ

ウェルシュコーギーはかわいい身体ですが、守ってあげなければいけない部分もたくさんあります。身体のどの部分でもカバー出来る良いフードを選んで、ぜひ健康的な生活を遅らせるようにしてあげてくださいね。

 

【参考サイト】→こちらでご紹介したカナガンの公式サイトはこちら

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。