1、ウェルシュコーギーカーディガンの食事選びとは?

1-1、「ヘルニア」「骨」「太り過ぎ」などなど。

牧羊犬として昔から私たち人間の良きパートナーとして存在していた「ウェルシュコーギーカーディガン」。活発で社交的な性格と、胴長短足の愛嬌のある姿から人気の高い犬種でもあります。牧羊犬として活躍していた歴史からかなりの運動量を必要とする犬種ですので、長めの散歩や体を動かす遊びを取り入れるようにしてほしいところです。そんなウェルシュコーギーカーディガン、その長い胴と短い脚からヘルニアや背骨関連のトラブルを起こしやすい犬種でもありますから、特に高い場所への乗り降りやジャンプ運動は控える必要がありますし、太りすぎにも注意が必要です。

 

1-2、「太りすぎ」に要注意。

ウェルシュコーギーカーディガンのような犬種は食事選びがとっても大切。太ってしまうことで健康を脅かし、日常生活にも支障を来たしてしまうような事態は出来るだけ避けたいところ。低カロリー、低脂肪のドッグフードを与えたり、一度の量を少なめに調整したり、必要以上の間食(おやつ)にも気をつけるようにしましょう。おススメのドッグフードは、やはり「グレインフリー」のものです。穀物が含まれていないドッグフードのことをグレインフリーというのですが、この「穀物が含まれているかどうか」というところは非常に重要なポイント。市販されているドッグフードの多くに小麦やとうもろこしなどの穀物が含まれていますから、ドッグフードを購入する際は成分表をしっかり確認してから選ぶようにしましょう。

1-3、「グレインフリー」を選ぶ。

グレインフリーのドッグフードの中でも、海外産のドッグフードは非常に高品質で鮮度が良いものが多く、管理も徹底されていますのでおススメです。愛犬の健康管理について真剣に考えたいのでしたら、こうしたドッグフード選びから見直してみるのもよいのではないでしょうか。人間のパートナーとして歴史が長いウェルシュコーギーカーディガン。是非その健康維持と容姿を保つため、飼い主としての努力を怠らないでいたいものですね。

 

1-4、まとめ・・・

牧羊犬として活躍してきたウェルシュコーギーカーディガン。胴長短足の容姿がかわいらしく、社交性もあり人気の高い犬種です。牧羊犬としての資質がある為、かなりの運動量を必要しますから、長距離の散歩や体を動かすような遊びを取り入れてあげる必要があります。また、その長い胴体と短い脚からヘルニアや背骨のトラブルを起こしやすくもありますので注意が必要ですし、太りすぎにも気をつけなければなりません。食事選びは出来るだけ低カロリー、低脂肪のもの、そして、穀物不使用の「グレインフリー」であることが望まれます。市販されているドッグフードの成分表をチェックし、穀物が含まれていないドッグフードを選ぶように心がけてください。海外産ドッグフードには品質が良く管理も徹底されたものが多くありますのでそちらを購入することもおススメです。
また、必要以上におやつを与えることのないように気をつけましょう。

 

 

 

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。