1.チワワに合ったドッグフード選び。大事なポイントは?

愛らしい顔立ちと超小型犬とも言われているそのサイズ感が魅力のチワワ。マンションなどの集合住宅で飼いやすいことも人気の理由になっています。今回は、チワワを飼っている方・これから飼うことを検討されている方にお伝えしたい「チワワに合ったドッグフードの選び方」についてのお話です。

1-1.チワワの特徴と注意すること

華奢で愛らしいイメージのチワワですが、意外にも活発で運動量はさほど必要としませんが運動欲求が高い犬種です。体が小さいため骨・関節が弱く、骨折・脱臼には気をつけてあげなければいけません。ドッグフードは、関節をサポートしてくれるグルコサミンやコンドロイチンが入ったものを選ぶと良いでしょう。

チワワの悩みでは「毛並みや抜け毛のトラブル」もよく聞かれます。その原因として挙げられるのがドッグフードです。日頃与えているドッグフードには良質の動物性たんぱく質が豊富に含まれていますか?犬はもともと肉食動物なので、動物性たんぱく質を摂ることが自然です。たんぱく質といっても植物性たんぱく質をメインにしているドッグフードからは必要な栄養が摂れません。美しい毛並みや毛艶を作るためにも動物性たんぱく質が必要です。
その他の原因として、使われている原材料にアレルギー反応を起こしているということも考えられます。高品質で愛犬の体質に合ったドッグフードを厳しい目で選んであげることが重要です。

華奢な体のチワワだからといって、野菜を多く与えるようなことはやめましょう。基本はドッグフードです。粒の大きさは小粒タイプを選んであげてください。犬は人間ほど租借をしません。まる飲みする子がほとんどです。とくにチワワは口やあごが小さいですから、体に負担がかからないように配慮してあげましょう。

1-2. チワワに合ったドッグフードを選びましょう

愛犬の健康にもっとも影響を与えるのがドッグフード選びです。良いものを選んであげたいですね。

チワワに合ったドッグフード選びのポイント

  • 高品質(全ての原材料が「ヒューマングレード※人が食べても問題ないグレードのフードという意味」であるものが良い)。
  • 小粒タイプ。
  • 良質な動物性たんぱく質・健康な骨や関節をサポートしてくれるグルコサミンやコンドロイチンが豊富に入っている。
  • 栄養価が高い(チワワは偏食気味の子が多いようです。その場合は従来のドッグフードよりも与える量が少なくて済む、栄養価が高いドッグフードを選んでみるのも良いでしょう。食の細い子でもしっかりと少量で栄養が摂れるので安心です)。

 

1-3. おわりに

私たち人間がそうであるように、犬にも個性があります。好みや体質によって合うドッグフード・合わないドッグフードがあると思いますので、様子を見てあげながら、愛犬が喜んで食べてくれるお気に入りのドッグフードを見つけていきましょう。

【関連記事】

チワワのフード選びのコツとおすすめのフードを徹底解説。

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。