1.パピヨンが食べない原因と理由そして対策を考える

1-1.食欲が無い状態について

基本的に食事をする動物は人間を含めて何かしらのものをある程度摂取しないといけません。それは生きるためですので仕方が無いことです。しかし、そんな生きるための食事でも食欲が無ければ食べられないのです。無理に食べることは出来ますが、それが確実に栄養になるとは限りませんので、このような状態はよく考えて対処しないとそのまま食べられなくて最悪死に至ります。

1-2.パピヨンがドッグフードを食べない理由

パピヨンがドッグフードを食べないという人がいるかもしれませんので、その対処方法について説明をしていきます。ですから、確認をしてみると良いでしょう。

(1)お腹が減っていない

まず、原因の1つとしてお腹が減っていないからというのがあります。人間でもお腹が減っていないと食べることが出来ません。パピヨンもまたそのようになっているから食べないという場合があります。その場合は少し時間をあけてから与えれば食べる場合があります。

(2)病気やストレス

次に、病気やストレスなどの病的な原因がある場合です。特に病気は進行具合では結構危険な場合がありますので注意です。何かしらの予兆があるはずなので思い出してください。そして獣医に相談をするようにしてください。そしてストレスですが幾つかのストレス的要因により食べなくなっていることがあります。これの対処はストレスを解消させることです。散歩させたり、沢山遊ばせたりすることで解消できる場合がありますが、ストレスもどのような理由で発生しているかによっては解消が難しい場合がありますので注意です。

(3)ドッグフードが良くない

次に、ドッグフードが良くない場合があります。というのも、ドッグフードの味や原材料が悪いなどで食べないことが多いです。ですから、ドッグフードの変更を試してみると良いです。ただし、ずる賢い犬になるとわざと食べないで美味しい餌を引き出す犬がいるので注意です。

(4)その他

あとは、夏バテなどのこともありますのでよく考えて原因を理解して対処するようにしてください。

1-3.ドッグフードを食べない時は観察をしっかりとする

ドッグフードを食べない原因を知るためにパピヨンの状態を観察するようにしてください。元気であるか、水はどのくらい飲んでいるか、排泄物が問題ないか、お腹の音、息遣いなどのことを観察してみていつもと異なることがないかを確認してください。明らかに変な場合は獣医相談をするようにしましょう。元気なのに食べない場合はずる賢い場合もありますので、様子を見るようにしましょう。このようなことを確認するためにもいつも確認をしておくのが良いです。そうすれば、食べない原因や病気などのことに機敏に察知して対処することが出来るようになりますので、しっかりと犬を見てあげるようにしてください。
ちなみに、原因がわかりづらい場合は獣医に相談をした方が良いのですが、それでも解決出来ない場合があります。主な原因としては生活のやり方です。生活のリズムや場所が悪いから問題が起こっている場合がありますので、そのようなところも注意しましょう。

2.パピヨンにおすすめのフード選びを考える

パピヨンの飼い主さんが抱える悩みはとても多いです。最近では「無添加フード」がおすすめとも言われています。ですが、「無添加ドッグフード?」無添加ってなんだ?まず疑問に思います。さらに、毛並みや毛つやが良くない、胃腸が弱くてお腹がすぐに悪くなる、急にフードを食べてくれなくなったなどの声がとても多いです。この様な健康に関することや食事に関する悩みは、フードを変える事で解決できます!

2-1.パピヨンにおすすめ商品(フード)はあるの?

愛犬が喜んで食べたという声や、しっかり食べてくれたというモニターさんの評価を得ているフードがあります。そのフードはイギリスで誕生した、イギリス最高級のフードとして、80%のリピート率が自慢のグレインフリー(穀物不使用)の「カナガン」というフードです。

2-2.パピヨンのフード選びのポイントは被毛(毛並み)と食いつきの両面から?

パピヨンは長毛なので、きれいな被毛の元になる皮膚を健康に保つことが大切です。カナガンには、被毛のつやを良くしたり、柔らかくするために必要な成分や、丈夫な骨の形成や健康維持に必要な成分がたくさん入っています。カナガンに使われている成分は、全て人間でも食べられる高品質で新鮮なものを使っています。なので、丈夫な皮膚を作る力がすごいんです。人工添加物を一切使っていないフードというところも注目したいところです。

犬が本来必要である栄養バランスを考え、「食いつき」も良く、柔らかくて触り心地抜群の毛並みを維持する為の成分の「海藻」が入っています。さらにパピヨンは活発ですが少しの衝撃で骨折や関節の怪我や病気を起こしてしまうけんしゅでもあります。華奢な骨格のパピヨンの関節サポートに欠かせない「グルコサミン」や「コンドロイチン」の成分もしっかり含まれています。

2-3.発がん性物質も抑える

最近騒がれている発がん性物質の「BHA」「BHT」や「エトキシキン」といった毒性の強い成分は一切入っていません。人間でも口にしてはいけない成分なのですが、それがフードに入っていると言うこと自体が愛犬の身体を痛めつけてしまっているのです。愛犬の身体に異変が起きやすくなるため、「BHA」「BHT」「エトキシキン」が成分に含まれているフードは避けるようにしてください。もちろんカナガンには「BHA」「BHT」「エトキシキン」は含まれていないので、無添加なのです。

2-4.全ライフステージ対応

なんといっても全年齢に対応しているので、「老犬になったらまたフードを変えなきゃいけないの?」といった心配をする必要がありません。なので、犬にとっても負担が少ないです。「購入してみようかな」と思った飼い主さん、ぜひこちらのサイトで試してみてくださいね。

【参考】→『カナガン』の公式サイトはこちら

もし食べてみてお腹がゆるい状態がずっと続くような場合は身体に合っていないので、そういった様子がなければおすすめです。

以上、「パピヨンが食べない(泣)悩みを解決!おすすめのフード選びは?」というテーマでお伝してきましたがいかがでしたでしょうか?お伝えしたカナガンなら小型犬でも食べられるフードなのでとても安心できます。初めて聞いた飼い主さんも多いと思いますが、大切なパピヨンの為にぜひ試してみてくださいね。

【参考】→⇒イギリス最高級のグレインフリードッグフード『カナガン』の詳細はコチラ

 

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。