1.マルチーズのご飯

マルチーズは手触りのいい毛並みで覆われていて、やんちゃな子が多いですよね?マルチーズの食事で一般的に多い悩みを紹介しています。ご飯選びの参考にしてください。

1-1.涙やけや皮膚炎がある / 予防したい

マルチーズは涙やけと皮膚炎が多いと言われています。特に目元の色の薄いマルチーズは涙やけが目立ってしまいます。そんな時はどうすればいいのでしょうか?
涙やけは殆どの場合はフードを変えるだけで改善されます。涙やけやアトピー性皮膚炎は添加物が多い食事を取っていると涙やけが発症する事が多いようです。
着色料は飼い主から見て綺麗な色合いにしているだけで、さまざまな色の判別をしないマルチーズにとって有害でしかありません。そして酸化防止剤も自然由来のもの(ローズマリーや緑茶などから作られているもの)と合成的なもの(BHA、BHT、エトキシキン等)があります。合成的なものは人間の食品では禁止されているものもあります。原材料名に必ず記載がありますので確認しましょう。

 

【参考】無添加ドッグフードで涙やけ対策もできるおすすめフードとは?

無添加ドッグフードで涙やけ対策もできるおすすめフードとは?

 

 

1-2.毛並みがパサパサしている 皮膚炎がある / 予防したい

マルチーズは皮膚が敏感でアレルギー性皮膚炎になりやすいと言われています。そしてマルチーズは毛がさらさらしているのが正常です。もしパサパサしているようなら必要な栄養分が足りないのかもしれません。毛並みにも皮膚にもいいのは良質なタンパク質です。
マルチーズはタンパク質から皮膚や被毛を作り出します。植物性のみや低タンパク質の食事は被毛がパサパサする原因です。病気で獣医師から低タンパク質の食事と言われていない限り、良質なタンパク質の食事がマルチーズのさらさらした毛並みには最適です。チキン、ラム、ビーフなど原材料名が記載されているものを選ぶことです。「ミール」と書いてあるのは何の肉か分からないだけでなく、さらに肉だけではなくクチバシなど丸ごとミンチにされているものがほとんどです。あとは動物性タンパク質だけではなく体内で作ることが出来ないオメガ3、6脂肪酸(サーモンオイルや亜麻仁油など)が入っているものがシーズーの被毛に重要です。そしてアレルギー性皮膚炎はメインとなる食材でアレルギーを起こしている可能性もあります。食事でのアレルギー性皮膚炎ならばメインとなる食材を変える必要があります。

 

1-3.まとめ

マルチーズの健康のためには良質なタンパク質が必要です。そして上記のような添加物の入っていない、もしくは少ないものを選ぶようにするといいですね。いつまでも絹糸のような素晴らしいな毛を保ち健康なマルチーズでいてもらうために良質のドッグフードを選んでくださいね。

 

【参考ページ】小型犬におすすめ!病気や健康を考えたドッグフードランキング

小型犬におすすめ!病気や健康を考えたドッグフードランキング

 

 

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。