1

画像引用:ミックス犬販売【Dog-search】 キャバプー子犬詳細NO.13

キャバプーはどんな性格でどんなごはん(ドッグフード)が合うのか?悩まれたことはありませんか?

ここでは、そんなキャバプーの特徴とおすすめのドッグフードについてお伝えしていきます。

 

1. キャバプーとは?その特徴とごはん選びや健康について

130601

画像引用:キャバプー | ブリーダーのミックス犬情報

キャバプーは、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとトイプードルのミックス犬です。キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとトイプードルの人懐っこさや穏やかさ・賢さを持っていますので、しつけがしやすくとても飼いやすい犬種です。

ふわふわの被毛と長い垂れ耳、そして抜け毛が少ないという特徴の子が多いようです。

 

1-1.キャバプーの性格とは?

ぬいぐるみのようでとても人気となったキャバプーですが、一体どんな性格の持ち主なのでしょうか?キャバリアの人懐っこくおっとりとした性格とプードルの知性・忠誠心、陽気さを兼ね備えた性格でとても飼いやすい犬種といわれています。カラーも色々な種類が出ますので、個体差がありとても個性的です。寿命は個体差があるのですが、12年から15・6年と言われています。

 

1-2.キャバプーのかかりやすい病気

medic-hospital-laboratory-medical-40559

かかりやすい主な疾患として、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルには心臓疾患・皮膚疾患、トイプードルには膝蓋骨脱臼がありますが、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルとトイプードルのミックス犬は、犬種を掛け合わせることでお互いの疾患を軽減することができたベストカップルとも言われています。

とはいえミックス犬は個体差が大きく、中にはそれぞれの犬種のかかりやすい疾患をそのまま受け継いで生まれてくる子もいるでしょう。注意深く成長を見守ってあげなくてはいけません。

注意してほしいかかりやすい病気は、僧房弁閉鎖不全症などの心臓系の病気、また股関節形成不全、膝蓋骨脱臼などの足関連の疾患、進行性網膜萎縮症、白内障などの目に関する疾患、脊髄の疾患である脊髄空洞症などがあげられます。

数か月に一度は動物病院で健康診断を受けてきちんとチェックしてもらうと、安心できると思います。基本的な治療法は外科的手術をはじめ内服、外用薬、運動療法など疾患によって違ってきますが、どちらにせよ早期発見と早期治療が大切なものばかりとなってきます。

愛犬の日々の様子を観察して少しでも変化があった時はすぐに動物病院での検査をまず受けることが大切となってきます。

次に、涙やけ・骨や関節のトラブル・胃腸が弱いといった特徴があるかもしれないということを覚えておいてください。なお、涙やけが気になるときは蒸しタオルでしばらく押さえたあと拭いてあげたり、目に毛が入らないようにカットしてあげましょう。

また、キャバプーが一番気をつけたいのは外耳炎です。垂れ耳であることに加え耳が長いため、通気性が悪く汚れもたまりがちです。定期的に耳掃除をしてあげましょう。愛犬が耳を痒がっていたり悪臭を伴うような場合は外耳炎の疑いがあります。早めに動物病院へ連れて行ってあげてください。

 

1-3. キャバプーのドッグフード選びのポイントは?

food-bowl-281978_640

皮膚疾患・涙やけ・骨や関節のトラブル・お腹の健康に気をつけたいキャバプーにおすすめの成分をまとめました。

1)皮膚疾患・アレルギー・外耳炎

「オメガ6脂肪酸」

皮膚と被毛を健康な状態に修復してくれます。

「オメガ3脂肪酸」

血液凝固や炎症を抑えてくれる作用があります。

 

オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸がバランス良く入っているということが大事です。

 

2)涙やけ

「無添加」

涙やけは、目の周りの水分に細菌が繁殖し変色する症状です。原因のひとつ涙腺の詰まりには、添加物を含む食事が大きく関係しています。大型犬もそうですが小型犬は添加物の影響を大きく受けますので、ドッグフード選びは慎重にならなければいけません。添加物・畜肉副産物・鶏肉副産物が含まれない安全性が高いドッグフードを選びましょう。

「動物性たんぱく質」

涙やけには、消化しきれなかったたんぱく質も大きく関係しています。ドッグフードを購入されるときはパッケージの表示を確認して、動物性たんぱく質が豊富なものを選んでください。穀物が原材料のメインになっているドッグフードをよく見かけますが、消化不良やアレルギーを引き起こす原因にもなると言われています。犬はもともと肉食なので動物性たんぱく質を摂るのが自然です。

ドッグフードを購入されるときは、パッケージの原材料欄の一番先頭にお肉の表示があるか確認してください。動物性たんぱく質には「牛・鶏・豚・鹿・羊・魚」などさまざまありますが、体質によってどの動物性たんぱく質が合うのかが変わってきます。違う動物性たんぱく質を使っているドッグフードに替えることで、涙やけが改善される可能性があります。

 

3)骨・関節のケガやトラブル

「グルコサミン」

関節軟骨の育成をサポートしてくれます。

「コンドロイチン」

関節軟骨を傷つけてしまう酵素を減少してくれます。

「サーモンオイル」

オメガ3脂肪酸が関節の炎症を和らげてくれます。

 

年齢とともに関節軟骨の主成分であるグルコサミンやコンドロイチンは減少していきます。健康な骨・関節をサポートしてくれるグルコサミン・コンドロイチン・サーモンオイルが入ったドッグフードが良いでしょう。

高齢になると足腰のトラブルを起こしやすくなります。シニア犬になる前から与えてあげることで、将来的にも健やかな生活を期待できます。現在、グルコサミン・コンドロイチン・サーモンオイルが入ったドッグフードは数多く販売されています。含有量を比較されてみて、その中から良いと思われるドッグフードを選んでください。

 

4)胃腸が弱い

「グレインフリー(穀物不使用)」

犬は穀物を消化するのが苦手です。消化不良を起こしやすくなるだけでなくアレルギーを引き起こす原因にもなることが分かっています。グレインフリーのドッグフードを選んであげることで消化吸収がアップし、お腹を健康にしてくれます。

「オリゴ糖」

腸内の健康維持に作用してくれるビフィズス菌などの善玉菌を増やして、腸内環境を整えてくれます。

 

1-3. おわりに

今回はとてもかわいいキャバプーの性格をはじめ、おすすめのドッグフード選びや、寿命やかかりやすい病気、治療法などについて書かせていただきましたがいかがだったでしょうか?

ミックス犬はどうしても、純血種に対して、疾患についてはまだまだ安定してわかっていないので、親犬双方の疾患がどのように出てくるのか個体差があります。ですから、日頃の愛犬の観察がとても大切となってきます。

愛犬の変化がわかるのは飼い主さんだけです。少しでもいつもと様子が違うな?と感じたら些細なことでも病院へ行って相談してみることをおすすめいたします。

なお、ドッグフードを他の種類に切り替えるときは、愛犬の様子を見ながら、2〜3週間かけて切り替えていきましょう。食事内容をしっかりと管理することで犬種特有の病気を改善してあげることができます。

ミックス犬には、顔つきや体格や毛色の特徴が成長過程でどう変わっていくのか予測できない面白さがあります。愛犬の成長をより一層楽しむことができる喜びがあると言えるでしょう。

 

【※キャバプーのドッグフード関連記事※】

今回お伝えしたキャバプーにおすすめの特徴を持ったドッグフードをお探しの際は「小型犬におすすめ!病気や健康を考えたドッグフードランキング」にも詳しく書いてあるので、よろしければご参考になさってくださいませ。

小型犬におすすめ!病気や健康を考えたドッグフードランキング

 

ドッグフードのおすすめ完全ガイド人気記事はこちら

 
ランキング

小型犬におすすめのドッグフード選びに迷ったらぜひご覧ください。

→→ 小型犬におすすめのドッグフード比較ランキング。